特許詳細

果房や果実の保護方法、果房や果実の保護ネット

課題

果房や果実の保護作業が容易であり、果房又は果実を確実に鳥害等から守ることができる果房や果実の保護方法と、繰り返し使用できる保護ネットを提供する。

解決手段

列状に並んだ果房や果実15を保護ネット1で列状に沿って筒状に被覆して鳥害等から保護する。具体的には、保護ネット1の対向する2つの端辺L1,L2のうちの一辺L1を、果房や果実を支持している棚等の支持体に棚面フック5,5...で列状に沿って吊り下げ、保護ネット1の吊り下がっている他辺L2を、果房や果実を被覆するように持ち上げて列状方向に沿って両端が開口する筒状に形成し該筒状内に列状に並んだ果房や果実15を位置させて被覆すると共に、筒状の保護ネット1の2つの端辺で列状に並んだ果房の穂軸15aを挟んで2つの端辺を面ファスナー3で接合する。保護ネットの対向する2つの端辺を接合した後に、両端の開口2b、2bを面ファスナーで閉塞する。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
2009年12月24日 2009-292711 (P2009-292711) 2010年10月14日 2010-227090 (P2010-227090A) 2013年10月18日 5388064
出願人
機構内発明者
東 暁史、薬師寺 博、児下 佳子
法人番号 7050005005207