特許詳細

セルロース系バイオマス原料の酵素糖化方法

課題

本発明は、セルロース系バイオマス原料を酵素糖化方法において、アルカリ処理後の酵素糖化の効率を顕著に向上させ、且つ、中和廃液を大幅に減少させる前処理技術を開発することを目的とする。また、本発明は、アルカリ処理後に固液分離した廃液から、有用化合物の回収技術を開発することを目的とする。

解決手段

セルロース系バイオマス原料を粉砕等した後、アルカリ処理を行い、その後固液分離を行い、当該固形物に対して二酸化炭素を用いて中和し、酵素糖化反応を行うことを特徴とする、セルロース系バイオマス原料の酵素糖化方法、を提供する。また、前記固液分離によって得られた液分に対して、抽出及び/精製を行うことを特徴とする、セルロース系バイオマス原料からのフェルラ酸、 p-クマル酸等の有用化合物の回収方法、を提供する。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
2012年4月17日 2012-93894 2013年10月28日 2013-220067 2016年1月29日 5875070
出願人
機構内発明者
徳安 健 外2名
法人番号 7050005005207