特許詳細

ヨーネ病の検査方法

要約

本発明は、ヨーネ菌感染動物を、特異抗体上昇以前の不顕性感染時期において高感度に診断することができ、しかも多検体処理も可能なヨーネ病の診断方法を提供する。本発明によって、被検動物の血液を採取し、採取された該血液に抗IL-10抗体とヨーネ菌抗原を添加して培養し、培養後の血液中のIFNγ産生量を測定することを特徴とするヨーネ病の診断方法、血液中のIFNγ産生量をIFNγELISA法により測定することを特徴とする前記のヨーネ病の診断方法、並びに、被検動物の血液を採取し、採取された該血液に抗IL-10抗体と抗酸菌抗原を添加して培養し、培養後の血液中のIFNア産生量を測定することを特徴とする抗酸菌病の診断方法が提供される。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
2006年3月 3日 2005-509040 2005年3月31日 WO/2005/029079 2009年8月21日 4359684
出願人
機構内発明者
百溪 英一、森 康行、彦野 弘一、ブザ ジョラム ジョセファット
法人番号 7050005005207