特許詳細

Salmonella Hadarを検出するためのオリゴヌクレオチドをそれらを用いた血清型迅速同定法(サルモネラを検出するためのオリゴヌクレオチドとそれらを用いた血清型迅速同定法)

課題

サルモネラを検出するためのオリゴヌクレオチドとそれらを用いた血清型迅速同定法を提供することを課題とする。

解決手段

in silicoでの比較ゲノム解析により血清型ST、SH、SIの3血清型に特異性の高い遺伝子を、それぞれ3つ選び出した。これらの遺伝子とサルモネラ属特異的であることが公知であるinvAの4遺伝子を同時に検出するマルチプレックスPCRの系を確立した。上記3血清型同定法としてのマルチプレックスPCR法の特異性を、野外分離株を用いて検証したところ、当該血清型であれば3つの血清型特異的遺伝子全てが増幅されるが、他の血清型で3遺伝子陽性となる例は一部の例外を除いて認められなかった。即ち、構築したプライマーを用いたマルチプレックスPCRにより、これら3血清型を短時間で同定することが可能となった。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
2009年9月17日 2009-215692 (P2009-215692) 2011年3月31日 2011-62136 (P2011-62136A) 2013年3月22日 5224541
出願人
機構内発明者
秋庭 正人、楠本 正博、岩田 剛敏
法人番号 7050005005207