特許詳細

プラスミノーゲン活性化剤

課題

フィブリノーゲンを限定分解して、血栓形成もしくは血栓再閉塞を阻害する、新たなプラスミノーゲン活性化剤の提供。

解決手段

乳酸菌の菌体を有効成分とするプラスミノーゲン活性化剤であり、前記乳酸菌は、Lactococcuslactis ssp. lactis、Lactococcus lactis ssp. lactisbv. diacetylactis、及びLactobacillusbulgaricusのいずれか一種以上が好ましく、更には前記乳酸菌の菌体を、80°C~150°Cの温度で、5分~40分加熱処理することが好ましい。また本発明のプラスミノーゲン活性化剤は、前記乳酸菌の菌体からpH7~pH14の抽出液により抽出したものを利用することができる。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
2008年3月28日 2008-088366 2009年10月22日 2009-242255 2014年3月 7日 5488949
出願人
機構内発明者
野村 将
法人番号 7050005005207