果樹・茶生産の生産性向上技術及び高付加価値化技術の開発

カンキツについては、平均気温が2°C以上上昇しても品質低下の影響を1/2以下に抑えられる品種やカットフルーツに適した液だれ性の低い品種を育成するとともに、加工専用園を対象とした化学農薬使用の半減技術やハダニ等の効果的防除技術、酵素剥皮技術等を開発する。リンゴ等の寒冷地果樹については、安定して着色する早生又は中生のリンゴ品種の育成及び香り等の優れたリンゴ育種素材の開発を行うとともに、加工用リンゴを対象に省力樹形と摘果剤等の活用により労働時間を生食用慣行の1/3に削減する技術や土着天敵を活用したハダニ等病害虫の効果的防除技術を開発する。ニホンナシ、クリ及び核果類については、低温要求性の低いモモ等を育成するとともに、ニホンナシ等の機械化栽培に適した整枝法やウメ茶かす症等の効果的防除技術、モモ果実の軟化制御技術を開発する。ブドウ及びカキについては、黄緑色又は安定して着色するブドウ品種を育成するほか、カキにおいて、わい性台木の早期育苗技術や樹上脱渋法を開発するとともに、枝幹害虫に対する効率的な防除技術を開発する。また、画期的な果樹品種の効率的育成に向けて、リンゴの斑点落葉病抵抗性等の高精度DNAマーカーを開発するほか、複数遺伝子に支配される果実形質に優れる個体の効率的選抜技術やナシ等で生産コストを低減可能な品種の育成に利用可能な育種素材を開発する。茶については、海外需要の高い抹茶・粉末茶に対応する品種の育成や機能性成分を多く含む系統の開発、品種特性に応じた栽培体系の確立、加工技術の開発、品質評価法の開発、機能性成分の解明を行うほか、肥料成分の動態解明による省資源茶園管理技術及び多揉捻による高品質製茶法を開発するとともに、病害虫の生態解明等に基づく高度発生予察法を利用したIPMモデルを確立する。さらに、果樹では、普及性の高い品種を育成するため、全国の公設試と連携した系統適応性検定試験及び流通・小売業者や消費者による求評会を実施するとともに、カンキツ新品種の速やかな普及に向けて、種苗業者への穂木の供給量を倍増させる。茶では、主産府県と連携した育成系統評価試験や現地実証試験を実施するとともに、苗木の供給量を増加させる。品種特性にあった栽培法や製茶法を提示するとともに、セミナー等における試飲を行い、普及の促進を図る。

普及成果情報

2017年 野菜花き研究部門
花を利用した認知リハビリテーションの手引き書
2017年 野菜花き研究部門
ダリアに感染するウイルス・ウイロイドの同時検出技術
2017年 野菜花き研究部門
人工光閉鎖型育苗と水耕栽培等によるトルコギキョウの年3作周年生産技術体系
2017年 野菜花き研究部門
台風常襲地における耐候性LED電球を活用したキクの安定生産技術
2017年 野菜花き研究部門
適品種を用いた露地電照栽培による夏秋小ギクの計画生産技術
2017年 野菜花き研究部門
成長点局所加温とCO2施用を組み合わせた高収益ミニトマト栽培技術
2017年 果樹茶業研究部門
高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」
2017年 果樹茶業研究部門
「あきづき」のコルク状果肉障害はエテホン散布による熟期促進で低減できる
2017年 果樹茶業研究部門
酸味が少なく糖度が高いニホンスモモ新品種「ハニービート」
2017年 果樹茶業研究部門
果皮が着色しやすく日持ちが良い早生のリンゴ新品種「紅みのり」(べにみのり)
2017年 果樹茶業研究部門
甘く多汁で食味が良く着色しやすい中生のリンゴ新品種「錦秋」(きんしゅう)
2017年 果樹茶業研究部門
糖度が高く、ドリップの少ない晩生カンキツ新品種「あすき」
2016年 果樹茶業研究部門
安定性と再現性が確保されたリンゴの品種識別技術マニュアル
2016年 果樹茶業研究部門
カキ「富有」におけるカキノヘタムシガ第1世代幼虫の防除適期は満開10日後である
2016年 果樹茶業研究部門
低温要求量が少なく早生で品質優良なモモ新品種「さくひめ」
2016年 果樹茶業研究部門
渋皮が簡単に剥ける早生のニホングリ新品種「ぽろすけ」
2016年 果樹茶業研究部門
カラムナータイプのリンゴを正確に選抜できるDNAマーカーの開発

研究成果情報

2017年 果樹茶業研究部門
台湾産半発酵茶の香気寄与成分の特定
2017年 果樹茶業研究部門
機能性成分高含有のチャ品種候補「枕系56-01」
2017年 果樹茶業研究部門
香りに特徴がある緑茶用新品種候補「野茶研04号」
2017年 果樹茶業研究部門
ゲノム編集技術CRISPR/Cas9法により作成したブドウのアルビノ変異体
2017年 果樹茶業研究部門
低温によるウンシュウミカンの花成誘導にアブシジン酸が関与する
2017年 果樹茶業研究部門
リナロールを高含有化した遺伝子導入オレンジはカンキツかいよう病菌の生育を抑制する
2017年 果樹茶業研究部門
ウンシュウミカンの全配列解読と遺伝子機能の予測
2017年 果樹茶業研究部門
カキ「太月」および「太天」における貼り付け式樹上脱渋法の最適な処理条件
2017年 果樹茶業研究部門
ブドウ「ピオーネ」果房への夜間のLED光近接照射による果皮色向上
2017年 果樹茶業研究部門
ブドウ「安芸クイーン」への環状はく皮は着色関連遺伝子の発現を促進させる
2017年 果樹茶業研究部門
ブドウ苗木への噴霧接種によるブドウ黒とう病抵抗性評価法
2017年 果樹茶業研究部門
2016年春のニホンナシ花芽の発芽不良は凍害と休眠進行不順の両方に起因する
2017年 果樹茶業研究部門
渋皮がむきにくいニホングリにおいても渋皮剥皮率に品種間差異が存在する
2017年 果樹茶業研究部門
ジェネラリストカブリダニ類に対する簡便で精度の高い薬剤感受性検定装置の開発
2017年 果樹茶業研究部門
果樹園に発生する土着ジェネラリストカブリダニ類に悪影響の小さい殺虫剤
2017年 果樹茶業研究部門
リンゴにおける官能による果汁の多さの客観的評価方法
2017年 果樹茶業研究部門
リンゴにおける粉質化程度に関するDNAマーカーの開発
2017年 果樹茶業研究部門
リンゴ果肉組織の細胞間隙溶液量による収穫適期の判定
2017年 果樹茶業研究部門
ウンシュウミカンにおける着花数予測技術の開発
2017年 果樹茶業研究部門
ゲノミックセレクションのカンキツ育種での有効性
2016年 果樹茶業研究部門
チャの生葉の低温保管による夏茶臭改善効果の解明
2016年 果樹茶業研究部門
中国茶の含水率と水分活性
2016年 果樹茶業研究部門
ウンシュウミカンの雄性不稔性は花粉数の減少を要因として後代に遺伝する
2016年 果樹茶業研究部門
少数の祖先品種から交雑を繰り返すことで多様なカンキツ品種が発生した
2016年 果樹茶業研究部門
ウンシュウミカンには発現特性の異なる3種のGA2酸化酵素遺伝子が存在する
2016年 果樹茶業研究部門
ウンシュウミカンの親がキシュウミカンとクネンボであることをDNAマーカーで推定
2016年 果樹茶業研究部門
ゲノム編集技術CRISPR/Cas9法により標的遺伝子に変異導入したリンゴを効率的に作成できる
2016年 果樹茶業研究部門
リンゴ「ふじ」のハプロタイプ家系解析で蜜入りなどの原因染色体領域を解明
2016年 果樹茶業研究部門
九倍体「平核無」由来のわい性で八倍体の枝変わりカキ新品種「八秋」
2016年 果樹茶業研究部門
フラグメント解析によるカキ甘渋性DNAマーカー領域のアリル構成の推定
2016年 果樹茶業研究部門
マイクロアレイ解析による着色期ブドウ果皮の光・低温誘導性遺伝子の抽出
2016年 果樹茶業研究部門
ニホンナシ「あきづき」と「王秋」に発生するコルク状果肉障害の特徴
2016年 果樹茶業研究部門
ニホンナシ「幸水」の果実肥大はGA4とPCaの組合せ処理で促進される
2016年 果樹茶業研究部門
冬季の窒素施肥によってニホンナシの開花率が低下する
2016年 果樹茶業研究部門
モモ主要品種と新品種候補の低温要求量、高温要求量と開花予測
2016年 果樹茶業研究部門
多様なアジアナシ遺伝資源からみたニホンナシ育成品種の遺伝的多様性と分類
2016年 果樹茶業研究部門
ハダニの土着天敵であるハダニクロヒメテントウは日本国内に広く分布している
2016年 果樹茶業研究部門
赤果肉リンゴの果肉の赤さは、摘果強度・光環境・栽培地によって影響を受ける
2016年 果樹茶業研究部門
リンゴ台木の挿し木発根性を選抜するDNAマーカー
2016年 果樹茶業研究部門
KODA及びその類縁体C-KODAはウンシュウミカンの春枝発生を促進する
2016年 果樹茶業研究部門
ジベレリンとプロヒドロジャスモン、エテホンの組み合わせ処理はウンシュウミカン引きもぎ収穫性を向上させる
2016年 果樹茶業研究部門
カンキツ主要果実形質の環境変異の特徴と効率的な評価方法
2016年 果樹茶業研究部門
農研機構育成カンキツ品種の親子関係の検証