野菜・花きの高収益生産技術の開発

露地野菜生産では、地下水位制御システム(FOEAS)や畑地用地下灌漑システム(OPSIS)を活用した水管理による安定生産技術や、出荷2週間前に収穫予測を行い、それを基に出荷調整を支援する技術を開発する。施設野菜生産では、地中蓄熱を利用した省エネ・低コスト・耐候型の栽培施設を開発するとともに、太陽光利用型植物工場における栽培管理の省力化、省エネ化、安定多収化、減農薬、機能性成分の量的制御を可能とする技術を開発し、トマト生産では年間収量55t/10aを実現できる技術の体系化を行う。野菜育種では、加工・業務用途や施設での高品質・多収生産に適した品種を育成するとともに、遺伝資源やゲノム情報を活用した育種基盤技術を開発し、病害虫抵抗性等の先導的形質を持った品種・中間母本を育成する。また、機能性成分に富んだ野菜品種の効果的な育種を行うための評価法やそれを利用した効率的な選抜技術を開発する。花きでは、輸出等の新たな需要の拡大を目指して、ゲノム情報を活用した分子育種により、キクやカーネーションにおいて花型や花色が希少な形質や日持ち性の良さ、病害虫抵抗性を持ち実需者や消費者のニーズに対応した品種・系統を育成する。暖房経費の高騰や夏季の高温に対処するため、主要花きにおいて、局所温度管理等による温湿度の環境制御、CO2の長期長時間施用及び養液による肥培管理を活用した高品質花き生産技術を開発する。また、切り花の輸出等を可能とするため、ダリアのように日持ちは短いが実需者ニーズが高い花き品目について、植物成長調節物質処理を活用し、切り花の品質保持期間を2倍に延長できる技術を開発する。さらに、露地野菜においては産地間連携に役立つ収穫予測・出荷調整支援技術の生産現場への実装に取り組み、周年安定供給の確保につなげる。大型施設栽培においては、都道府県や大学、民間企業と連携しながら、トマトを始めとする果菜類の低コスト・高品質・多収生産の総合的な実証を行うことにより、大規模に集約された次世代施設園芸拠点の形成に貢献する。野菜や花きの品種育成においては、公設試や民間企業と連携した現地実証試験を実施し、先導的品種の普及を進めるとともに、民間や都道府県の育種を下支えする。また、花きの生産・品質管理技術に関しては、公設試、普及組織、流通業者と連携して実証試験を行い、普及の促進を図る。

研究成果情報

2016年 農村工学研究部門
蓄熱水槽を2つ有するヒートポンプシステムの地下水熱源の有無による暖冷房性能比較
2016年 野菜花き研究部門
オリエンタル系ユリにおける温度と個体光合成および呼吸、乾物蓄積との関係
2016年 野菜花き研究部門
ジャスモン酸メチルは蕾段階で収穫したトルコギキョウの着色ムラを改善し、開花を促進する
2016年 野菜花き研究部門
上下が相称の花をつけるトレニアの変異体
2016年 野菜花き研究部門
花器官特異的プロモーターと転写抑制因子による花色・花形の効率的な多様化
2016年 野菜花き研究部門
CRISPR/Cas9を用いたキクのゲノム編集技術
2016年 野菜花き研究部門
強度のレタスビッグベイン病抵抗性を有するマーカーフリー組換えレタス
2016年 野菜花き研究部門
ネギの抽だい期を支配するQTL
2016年 野菜花き研究部門
食感・形状の定量的評価法を用いた多様なキュウリの果実品質の特徴付け
2016年 野菜花き研究部門
土壌病虫害複合抵抗性台木用トウガラシ品種候補、トウガラシ安濃交3号
2016年 野菜花き研究部門
圃場で栽培するレタスにおいて、花成進行に伴って発現量が増加する花成関連遺伝子群LsFT、LsFVEL、LsFLDL、LsLDL
2016年 野菜花き研究部門
紫外線除去フィルム被覆による濃赤色リーフレタスの生育促進と被覆解除後の着色回復
2016年 野菜花き研究部門
遮光ホワイトアスパラガス伏せ込み促成栽培において、雌雄株で株あたり収量の差はない
2016年 九州沖縄農業研究センター
大果で収量性が高く、省力栽培が可能なイチゴ新品種、「恋みのり」
2016年 野菜花き研究部門
水耕栽培トルコギキョウの根腐病に対する、化学合成農薬の初の適用拡大
法人番号 7050005005207