家畜疾病の診断・予防技術の開発

我が国の畜産の生産性を高めるためには、国内で発生が認められ、損耗要因となる感染症の流行防止と海外からの重要伝染病の侵入リスクの低減が必要である。そのため牛白血病、豚流行性下痢など国内に発生するウイルス病の原因ウイルスゲノム解析、感染免疫の研究、疫学マーカーによる解析等によりウイルス性疾病の発病・伝播様式を解明する。また、省力的多検体検査や早期摘発検査、感染防止技術を開発する。ヨーネ病等の細菌性疾病に対しては、細菌等の遺伝子解析、薬剤感受性、血清型、毒素産生性等の病原性に関する要素を明らかにし、家畜の細菌性疾病の発病・伝播機構を解明するとともに、診断方法及びワクチンを開発する。また、畜産物による人への健康被害を防ぐため生産段階における微生物汚染の低減化技術を開発する。海外からの国際重要伝染病の侵入リスク低減に関し、口蹄疫ウイルスの性状を解明するとともに、簡便かつ迅速、変異ウイルスにも対応可能な診断法を開発する。また、インフルエンザウイルスの病原性についての分子基盤解析や診断方法及びワクチンの開発を行い、抗ウイルス薬の評価を行う。疾病に関する生体側の問題解決のため、飼養環境の変化や病原体の蔓延によって起こる生産病、日和見感染症、乳房炎や繁殖障害等の病態解析及び制御技術開発を目指し、乳房炎ワクチン及び生体マーカーやセンサー等の機器を用いた家畜の健康状態を把握する技術を開発する。疾病を流行様式から捉えるため、家畜重要疾病発生時の流行や気候変動等に伴い発生する可能性のある新たな家畜疾病の侵入対策に利用できる評価手法を開発し、また、疾病の流行を予測するシミュレーションモデル等のツールを開発する。また、疾病発生のリスク解析や経済的影響の解析を行う。節足動物媒介性疾病についてもモニタリングを実施するとともに、診断法や新たな監視技術を開発する。畜産物の信頼性を高めるため、食の安全性確保技術として食中毒の原因菌の診断、型別法、防除法を開発するとともに、かび毒、中毒性疾病の検出法の開発並びにプリオンの病原性発現機構の解明、検出及び不活化技術の開発を行う。さらに、開発した診断法等の技術情報は、国際獣疫事務局(OIE)を通じた国際衛生基準の策定、国内の病性鑑定指針の改訂、行政施策への反映に貢献する。また、輸出戦略を含む我が国の畜産物の国際競争力の強化のための活用を図るため、講習会等を通じて、動物検疫所、都道府県の家畜保健衛生所への普及を図る。必要とされるワクチンや診断キットは技術開発の後、特許を取得し、これを基に民間企業との共同研究で開発に取り組み、速やかな普及を図る。

研究成果情報

2016年 動物衛生研究部門
ヘパラン硫酸は正常型プリオン蛋白質から異常型構造への変換を誘導する
2016年 動物衛生研究部門
立体構造を保持した組換えプリオン蛋白質の高純度精製法の開発
2016年 動物衛生研究部門
日本で初めて確認された羊の非定型スクレイピー
2016年 動物衛生研究部門
L型非定型牛海綿状脳症感染サル由来異常プリオン蛋白質の超高感度検出技術の開発
2016年 動物衛生研究部門
非定型牛海綿状脳症(BSE)プリオンから新たなBSEプリオンが出現する
2016年 動物衛生研究部門
L型非定型牛海綿状脳症(BSE)は牛に経口的に伝達される
2016年 動物衛生研究部門
かび毒および内因性エンドトキシンに反応する新しい牛肝臓由来細胞株の樹立
2016年 動物衛生研究部門
豚由来病原性大腸菌における伝達性コリスチン耐性遺伝子保有率の増加
2016年 動物衛生研究部門
国内の豚群における新たな多剤耐性病原性大腸菌系統の出現
2016年 動物衛生研究部門
カンピロバクターの鶏腸管定着に必須な糖鎖修飾酵素の同定
2016年 動物衛生研究部門
わが国周辺の家畜のアルボウイルスの蔓延状況を八重山諸島で把握できる
2016年 動物衛生研究部門
豚流行性下痢の発生が日本の養豚場の生産性に与える影響の解析
2016年 動物衛生研究部門
黄色ブドウ球菌のリポタイコ酸は免疫調整因子の発現を増強する
2016年 動物衛生研究部門
ヒト多剤耐性黄色ブドウ球菌は牛乳房感染を経て家畜感染型に変化する
2016年 動物衛生研究部門
ベトナムにおける豚インフルエンザウイルスの越境性伝播と種間伝播
2016年 動物衛生研究部門
規模の大きい農場では豚インフルエンザウイルスの不顕性感染と遺伝子再集合が起こりやすい
2016年 動物衛生研究部門
2014年に分離されたH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性
2016年 動物衛生研究部門
H5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルス感染鶏から鶏卵へのウイルス移行
2016年 動物衛生研究部門
ヒト由来H7N9亜型鳥インフルエンザウイルスに対する各種鳥類の感受性
2016年 動物衛生研究部門
口蹄疫ワクチン投与後にウイルス感染した豚は識別キットで摘発できない
2016年 動物衛生研究部門
2010年に日本で分離された口蹄疫ウイルスの感染性cDNAクローンの構築
2016年 動物衛生研究部門
サルモネラに対する感染防御にはたらくモノクローナル抗体を作製
2016年 動物衛生研究部門
動く遺伝子ISApl1が関与する血清型別不能な豚胸膜肺炎菌変異体の分離
2016年 動物衛生研究部門
ヨーロッパ腐蛆病菌感染実験方法の改良による毒力の異なる菌株の発見
2016年 動物衛生研究部門
豚レンサ球菌の莢膜欠失弱毒株は動物体内で莢膜を発現し、強毒化しうる
2016年 動物衛生研究部門
近年我が国で流行した豚流行性下痢ウイルスには病原性が異なる変異株がある
2016年 動物衛生研究部門
新たな遺伝子系統の豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスの性状解析
法人番号 7050005005207