気候変動等の環境変動への対応及び生物多様性保全のための研究開発

将来の気候変動が農業に与える影響を高精度に予測・評価するため、土地利用型作物や果樹等に対する気候変動の影響を予測するモデルを開発し、評価に適した空間解像度にダウンスケールした共通気候シナリオを用いて、国内農業への影響を評価するとともに、高度化した広域影響評価モデルにより、グローバルな食料生産変動評価を行う。気候変動下での安定生産に資するため、ムギ類・水稲を中心として、高温耐性品種の評価・活用や高温による不稔・登熟障害への対応などによる高温障害対策技術を開発するとともに、土地利用型作物や果樹を主な対象として、地域特性を踏まえた気候変動リスク評価や将来影響予測等を考慮した栽培管理支援技術及び気象情報と連動した早期警戒・栽培管理支援システムを確立する。農業分野の温暖化緩和に資するため、国際的枠組みに対応した温室効果ガス排出量の算定を精緻化し、また、炭素・窒素循環の評価に基づき、温暖化緩和技術の適用による排出削減量を評価するとともに、モンスーンアジア地域での温室効果ガス排出等の低減方策を提示する。農業が生物多様性に及ぼす影響を評価し、生物多様性等と関連した生態系サービスを解明・評価するため、農業が享受する生態系サービスの評価手法を開発するとともに、土地利用変化や外来生物等の侵入・導入等の環境変化に伴う生物多様性や生態系サービスへの影響を評価する手法を開発する。幅広いユーザーによる環境変動情報の活用を促進するため、簡便かつ持続的な環境モニタリング手法を開発する。得られたデータからユーザーが使い易い情報基盤を構築するとともに、情報解析手法の高度化、情報発信技術の開発・導入を行う。さらに、開発された温暖化適応技術、早期警戒・栽培管理支援システムについては、地域特性を踏まえた現地実証試験等により、社会実装を図る。また、温暖化対応及び生物多様性保全に係る知見については、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)や生物多様性及び生態系サービスに関する政府間プラットフォーム(IPBES)等の国際的枠組みを通じて、積極的な国際貢献を図る。

研究成果情報

2016年 農業環境変動研究センター
明治初期・関東地方土地利用データをオープンデータとして公開
2016年 農業環境変動研究センター
公開情報のみで実施する外来生物の農業被害リスクマップ作成
2016年 農業環境変動研究センター
膜タンパク質輸送能力の統計的逆推定プロトコルの開発
2016年 農業環境変動研究センター
栽培管理の異なる果樹園などで鳥類相を推定・比較する簡易な手法
2016年 農業環境変動研究センター
ナス害虫の天敵ヒメハナカメムシ類の個体数には圃場周辺の景観要素が影響する
2016年 農業環境変動研究センター
農地からの温室効果ガス排出観測に関する初の国際的なデータベースの構築
2016年 農業環境変動研究センター
温室効果ガス3成分同時分析計の改良
2016年 農業環境変動研究センター
土着の根粒菌を用いたダイズ畑でのN2O発生の削減
2016年 農業環境変動研究センター
新規な硝化菌(アンモニア酸化細菌)の発見
2016年 農業環境変動研究センター
過去30年間に穀物収量が不安定化した地域と気候変化の寄与を検出
2016年 農業環境変動研究センター
水田水温を利用した発育モデルによる水稲出穂予測の精度向上
2016年 果樹茶業研究部門
果樹園での草生管理または堆肥の施用は清耕管理より土壌炭素を増加させる
2016年 果樹茶業研究部門
ビワの品種別寒害発生気温
2016年 九州沖縄農業研究センター
黒ボク土畑への木炭施用による土壌炭素貯留効果
2016年 西日本農業研究センター
水稲多収品種における登熟適温の品種間差
2016年 東北農業研究センター
大気CO2濃度上昇によるコメの増収効果が高温で低下する要因
2016年 東北農業研究センター
圃場とチャンバー実験で得られたイネの光合成パラメータと葉身窒素の密接な関係
2016年 北海道農業研究センター
北海道内の醸造用ブドウ栽培適域の将来予測
法人番号 7050005005207