家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発

家畜育種では、家畜の生涯生産性を向上させるため、家畜の強健性や繁殖性等について遺伝的能力の評価基準を開発する。また、鶏の経済形質の改良に有用な遺伝情報を探索するとともに、育種素材開発のための遺伝子改変技術を確立する。ミツバチではミツバチ不足に対応し、蜂群の維持に最も重要な抗病性付与技術を開発する。

繁殖では、近年、発情微弱化や胚死滅により牛の受胎率が低下している。そこで、発情微弱化要因及び妊娠維持機構を解明し、発情発現の明瞭化方策を提示するとともに、早期妊娠診断や胚死滅時期の特定に利用できる妊娠のモニタリング指標を策定する。また、黄体機能の賦活による受胎率向上技術、抗酸化機能性物質等を活用した繁殖性改善技術を開発する。

さらに、家畜胚生産を高度化するため、遺伝子発現やエピジェネティクス情報等を活用したクローン胚等の品質評価法、個体への発生能の高い生殖細胞・胚の生産及び長期保存技術など、生殖工学手法を活用した高品質な生殖細胞・胚の生産を可能とする基盤技術を開発する。

飼養管理では、生産水準の高度化に伴い、強い生理的負荷に起因する代謝性疾患等が起きやすくなっている。そこで、精密な栄養管理に加え、機能性飼料添加物を利用することなどにより、高い生産効率を確保しつつ、健全性を栄養生理面から改善可能な飼養管理技術を開発する。

また、国産畜産物の更なる品質向上と生産の効率化を目指し、家畜の初期成長期の栄養制御がその後の生産特性に及ぼす影響を解明するとともに、粗飼料の利用効率を高めるため、ルーメン発酵の制限因子の解明等の基盤的研究を推進する。

乳牛の泌乳ピーク期は、次の繁殖への準備期と重なり生産病発症のリスクも高い。そこで、泌乳ピーク期の生理的な負担低減という新たな視点から、生産現場における泌乳曲線を平準化するための牛群改良手法の開発、泌乳期の栄養生理指標の策定及び泌乳曲線平準化による抗病性や受胎率の向上により収益性を現行から1割の改善可能な省力化牛群管理技術を開発する。

研究成果情報

2015年 九州沖縄農業研究センター
ウシ腟温度変化は黄体状態並びに発情の強さに関連性がある
2015年 東北農業研究センター
オキシトシン負荷により分娩後の黒毛和種雌牛の子宮機能回復状況を予測する
2015年 北海道農業研究センター
乳用牛における産次毎の空胎日数と305日乳量との関係
2015年 北海道農業研究センター
候補種雄牛が総合指数上位にランクインする確率を示す指標P40の開発
2015年 畜産草地研究所
情報伝達システムを有した飼料分解に関わるルーメン細菌が生息する
2015年 畜産草地研究所
ルーメン内繊維分解部分では特定の糖質加水分解酵素群の遺伝子発現が高い
2015年 畜産草地研究所
ビタミンA制限は黒毛和種去勢牛の血漿中グレリン濃度を低下させる
2015年 畜産草地研究所
夜間帯のトリプトファン静脈内投与は子牛のメラトニン分泌を増加させる
2015年 畜産草地研究所
ウシ血中へのトリプトファン投与はストレス性コルチゾール分泌を中枢性に抑制する
2015年 畜産草地研究所
イネホールクロップサイレージを給与した乾乳牛の維持に要する代謝エネルギー
2015年 畜産草地研究所
ウシ体外成熟卵子の液状保存温度は25℃が発生能維持に有効である
2015年 畜産草地研究所
ブタ未成熟卵子のガラス化保存に適した耐凍剤処理方法
2015年 畜産草地研究所
TUNEL法によるウシ精子核DNAダメージ率の検出とその利用性
2015年 畜産草地研究所
ニワトリ胚はマウスES細胞のテラトーマ形成試験に利用できる
2015年 畜産草地研究所
ニワトリ由来膜結合型幹細胞因子を用いた効率的なニワトリ始原生殖細胞培養法
2015年 畜産草地研究所
乳用牛における乳脂肪の乳タンパク質に対する比率の産次ごとの遺伝的特性
2015年 畜産草地研究所
乳用牛の在群性能力の指標となる産次内生存率の開発
2015年 畜産草地研究所
連鎖不平衡の程度を考慮したゲノム情報に基づく遺伝的能力評価法の開発
2015年 畜産草地研究所
インプリンティング効果を考慮したゲノム情報に基づく遺伝的能力評価法の開発
2014年 北海道農業研究センター
ラクトフェリンによるウシ乳腺を構成する細胞の増殖制御
2014年 北海道農業研究センター
初産乳牛の分娩後排卵時期と血漿中抗酸化物質濃度の変化
2014年 畜産草地研究所
培地の改変による新規繊維分解菌の分離
2014年 畜産草地研究所
多糖類分解性酵素とグルコース併給は暑熱下で豚の窒素消化率低下を抑制する
2014年 畜産草地研究所
カシューナッツ殻液の給与は泌乳牛のメタン産生量を低減させる
2014年 畜産草地研究所
育成豚における飼料用玄米の回腸末端アミノ酸消化率
2014年 畜産草地研究所
高温環境下でのウシの体温上昇は脳内セロトニン放出の増加により抑制される
2014年 畜産草地研究所
ガラス化保存ブタ卵子からの子豚の生産
2014年 畜産草地研究所
ウシが経口摂取したアスタキサンチンの一部は体内に吸収される
2014年 畜産草地研究所
過剰排卵処置牛では胚伸長に適した血中プロジェステロン濃度と胚数が存在する
2014年 畜産草地研究所
末梢単核球中ISG15遺伝子発現量によりウシ胚の生存性をモニタリングできる
2014年 畜産草地研究所
ゲノミック選抜法の性能を検証するための基礎集団構造の作成条件
2014年 畜産草地研究所
ブタにおける乳頭数の相関反応による繁殖形質の改良
2013年 北海道農業研究センター
乳牛の泌乳曲線と乳房炎・肢蹄病および受胎率との間の遺伝的関係
2013年 北海道農業研究センター
305日乳量と体細胞スコアに対する改良効果を最大にする泌乳持続性選抜基準
2013年 九州沖縄農業研究センター
黒毛和種における乗駕許容行動の特徴
2013年 九州沖縄農業研究センター
黒毛和種繁殖牛では緩慢な黄体退行は鈍性発情の原因となる
2013年 畜産草地研究所
C2C12 筋管細胞のリジン、IGF-I、グルココルチコイド濃度の変化による代償性成長
2013年 畜産草地研究所
生産現場で収穫した飼料用米の飼料成分
2013年 畜産草地研究所
メタン抑制剤ブロモクロロメタンはルーメン内還元的酢酸生成菌構成を変化させる
2013年 畜産草地研究所
カシューナッツ殻液投与はルーメン内代謝性水素のメタン産生への流れを減らす
2013年 畜産草地研究所
飼料用サトウキビサイレージの乳牛における給与水準
2013年 畜産草地研究所
泌乳牛への中鎖脂肪酸カルシウム給与は乳量には影響しない
2013年 畜産草地研究所
ホルスタイン種体内成熟卵子と性選別精子による効率的な雌体外受精胚生産法
2013年 畜産草地研究所
ガラス化保存したウシ発育途上卵母細胞は体外発育と体外成熟が可能である
2013年 畜産草地研究所
体外発育卵母細胞をレシピエント卵子とする体細胞クローン牛の作出
2013年 畜産草地研究所
成熟培地中へのブタLIF添加はブタ卵子の成熟率を有意に上昇させる
2013年 畜産草地研究所
カイコ虫体発現系由来ウシインターフェロンτは妊娠認識に関わる生物活性をもつ
2013年 畜産草地研究所
比内鶏雌の発育性を促進するモチリン受容体遺伝子の多型
2013年 畜産草地研究所
比内鶏2系統におけるコレシストキニンA受容体遺伝子の対立遺伝子頻度の違い
2013年 畜産草地研究所
成長ホルモン遺伝子のハプロタイプによるイノシシ集団中のブタ遺伝子の検出
2013年 畜産草地研究所
SNP型判定を実施する個体を効率的に選択して遺伝的改良量を向上できる
2013年 畜産草地研究所
優性遺伝効果を考慮したゲノム情報に基づく遺伝的能力評価法の開発
2013年 動物衛生研究所
ヨーロッパ腐蛆病菌用遺伝子発現ベクターの開発と形質転換法の確立
2012年 畜産草地研究所
泌乳牛へのメチオニン給与はグレリン分泌を促進する
2012年 畜産草地研究所
L-カルニチンは牛体外受精卵の胚盤胞期への発生率と耐凍性を高める
2012年 畜産草地研究所
卵子成熟培地へのミルリノン添加によりウシ核移植胚の作製効率が向上する
2012年 畜産草地研究所
キナーゼ阻害剤を使用した自己増殖能を有するブタES様細胞株の樹立
2012年 北海道農業研究センター
泌乳ステージごとの検定日乳量に対する体細胞スコア効果の推定モデル
2012年 畜産草地研究所
培地を改変することでより多くのルーメン細菌種が培養できる
2012年 畜産草地研究所
カシューナッツ殻液は牛胃内のメタン生成に関連する微生物を減少させる
2012年 畜産草地研究所
アミノ酸添加低タンパク質飼料給与によりブロイラー胸肉がやわらかくなる
2012年 畜産草地研究所
トレオニン不足飼料を給与してもブタの筋肉内脂肪含量は高くならない
2012年 北海道農業研究センター
北海道検定牛群における泌乳持続性の分娩年次変化及び産乳・繁殖との関係
2012年 畜産草地研究所
標準泌乳曲線の作成と環境の区分け
2012年 畜産草地研究所
ブタの胸最長筋における脂肪含量は飼料中リジン濃度に用量依存的に反応する
2012年 畜産草地研究所
ブタにおける飼料中リジン充足に伴う代償性成長は窒素蓄積の増加を伴う
2011年 畜産草地研究所
反すう家畜からのメタン産生抑制は水素発生とルーメン細菌叢の変化を起こす
2011年 畜産草地研究所
木材由来セロオリゴ糖は乳用育成子牛の発育を向上させる
2011年 畜産草地研究所
わが国における体細胞クローン豚およびその後代豚の生産と生死
2011年 畜産草地研究所
ウシ核移植産子に検出された肝臓ミトコンドリア蛋白質発現量の差異
2011年 畜産草地研究所
品種の異なる卵子を用いたクローン豚におけるミトコンドリア蛋白質の発現量差異
2011年 畜産草地研究所
成熟培地へのメラトニン添加は、ウシ未成熟卵子の体外成熟率を向上させる
2011年 畜産草地研究所
体外成熟培地へのウシ卵胞液添加はウシ体外成熟卵子のATP量を増加させる
2011年 畜産草地研究所
後産停滞を起こさないホルスタイン初産牛の分娩誘起法
2011年 畜産草地研究所
培地中リジン濃度の低減による脂肪細胞のトリグリセライド蓄積量の増加
2011年 畜産草地研究所
飼料中リジン充足に伴う代償性成長は骨格筋タンパク質代謝の変化を伴う
法人番号 7050005005207