家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発

口蹄疫等の国際重要伝染病や、ヨーネ病等の家畜重要感染症の研究では、より特異性が高く現場で簡便に診断できる手法の開発、開発された診断手法等を用いた侵入防止対策、病原体の伝播・存続様式の解明に基づく感染環の遮断方法を開発するとともに、効果的なワクチンや薬剤の開発につながる分子の解析を行う。これらにより家畜生産現場で応用可能な効果的な疾病防除技術を開発する。

重要な人獣共通感染症であるインフルエンザ及びプリオン病等の新興・再興感染症の研究では、これまでに得られた診断手法をさらに発展させ、より特異性が高く簡便に診断できる手法を開発する。また、新たな防除法の開発に向け、インフルエンザ研究では新型ウイルス出現のリスク低減を目指したウイルスの種間伝播に関わる遺伝子変異の解明、プリオン病研究では異常プリオンタンパク質の病原性発現機序の解明を行う。

病態及び新しい疾病防除技術の開発研究では、罹患家畜の病態解明を行い、これを基にした診断手法及び防除法を開発する。さらに、得られた病原体由来の分子等を先端技術を用いてワクチンベクターに導入し、新たなワクチン素材を開発する。

家畜飼育環境における有害要因のリスク低減化研究では、生産段階における食の安全を確保するため、かび毒や残留性有機汚染物質等の新たな家畜の飼料の汚染要因のリスク評価を行うとともに、飼育環境における食中毒起因菌の排除に向けた簡易かつ特異性の高い診断手法を開発する。また、農場における微生物汚染の低減化を図るため、畜舎環境の衛生管理の向上を目指した家畜飼養管理システムを開発する。さらに、野外における効果的な防疫対策に資するため家畜疾病・中毒の発生情報等の収集・活用を行うとともに、家畜疾病の発生要因解析、リスク分析、経済評価を実施する。

乳房炎等の大規模酪農関連疾病の研究では、発病機構の解明に基づく効果的な疾病制御法の開発を行うとともに、酪農現場で応用可能な診断技術を開発する。亜熱帯地域に多発する疾病の研究では、地球温暖化等の気候変動の影響によって節足動物媒介性疾病の感染リスクが変化・増大していることから、これらに対応可能な監視及び防除技術を高度化する。

研究成果情報

2015年 動物衛生研究所
牛異常産関連オルソブニヤウイルス検出のためのリアルタイムRT-PCR法の開発
2015年 動物衛生研究所
Cyclospora spp.を原因とする牛の核内コクシジウム症の発見
2015年 動物衛生研究所
牛乳汁から分離されたMycoplasma argininiの全ゲノム配列の決定
2015年 動物衛生研究所
遺伝子内の特徴領域を用いた豚流行性下痢ウイルスの分子疫学解析法の開発
2015年 動物衛生研究所
近隣の埋却地は口蹄疫の発生リスクに影響を及ぼさない
2015年 動物衛生研究所
口蹄疫伝播モデルを用いた感染拡大の評価と効果的な防疫対策の検討
2015年 動物衛生研究所
牛白血病ウイルスの牛舎内伝播防止には分離飼育が有効である
2015年 動物衛生研究所
赤外線サーモグラフィを用いた哺乳子牛の体調管理システム
2015年 動物衛生研究所
新しい実験動物マイクロミニピッグを用いた有機フッ素化合物の体内動態
2015年 動物衛生研究所
病院排水の流入が下水処理施設における薬剤耐性菌の分布率を上昇させる
2015年 動物衛生研究所
薬剤耐性遺伝子のコピー数増加がサルモネラの耐性を増強する
2015年 動物衛生研究所
新規のサルモネラワクチンに利用可能な防御抗原の同定
2015年 動物衛生研究所
無線体温センサによる牛体表温測定法の開発
2015年 動物衛生研究所
亜臨界水処理による牛海綿状脳症(BSE)プリオンの不活化評価
2015年 動物衛生研究所
正常プリオン蛋白質と近接し存在する分子の新規同定
2015年 動物衛生研究所
BSE感染マウスの病態の進行には異なる大きさのPrPScの関与が示唆される
2015年 動物衛生研究所
非定型BSEプリオンは異種動物への伝達により宿主域が変化する
2015年 動物衛生研究所
日本に初めて侵入したH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルス
2015年 動物衛生研究所
養豚場離乳豚に共感染した豚インフルエンザウイルスの遺伝学的性状
2015年 動物衛生研究所
抗原検出および血清型別可能な口蹄疫ウイルスのイムノクロマト法の開発
2015年 動物衛生研究所
ヨーネ病無症状期における排菌の消長と肉芽腫病変好発部位
2015年 動物衛生研究所
ヨーロッパ腐蛆病菌のミツバチ幼虫内動態
2015年 動物衛生研究所
山羊関節炎・脳脊髄炎ウイルスの国内浸潤と感染リスク
2015年 動物衛生研究所
野鳥におけるトリパラミクソウイルス1型(ニューカッスル病ウイルス)の保有状況
2015年 動物衛生研究所
我が国で分離された欧州型豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスの病原性
2015年 動物衛生研究所
近年我が国で流行した豚流行性下痢(PED)ウイルス株の全ゲノム配列
2015年 畜産草地研究所
閉鎖型コンテナ式離乳豚舎のエアロゾル濃度と空気中一般生菌数は相関する
2014年 動物衛生研究所
家畜由来Salmonella Enteritidisにおける遺伝子型の経年的変化
2014年 動物衛生研究所
牛の乳房炎原因菌であるMycoplasma californicumの分子疫学解析法の開発
2014年 動物衛生研究所
牛乳房炎原因菌であるマイコプラズマ2菌種の全ゲノム配列の決定
2014年 動物衛生研究所
豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルスの浸潤状況と生産成績との関連
2014年 動物衛生研究所
2010~2012年の国内の養豚場の繁殖指標の推移と指標間の関連
2014年 動物衛生研究所
日本における口蹄疫の感染拡大リスク評価マップの作成
2014年 動物衛生研究所
2010年の口蹄疫国内発生での防疫作業中の怪我は消毒薬による熱傷が多い
2014年 動物衛生研究所
フモニシンはトウモロコシの穂の中で局在している
2014年 動物衛生研究所
病原性大腸菌ゲノムに多様性をもたらす要因の解明
2014年 動物衛生研究所
抗サルモネラO4抗体検出用競合エライザ法の開発
2014年 動物衛生研究所
無血清サプリメントKSRは豚体外生産胚盤胞の発生を促進する
2014年 動物衛生研究所
無線式ルーメン内留置型センサを用いた牛のルーメン収縮運動の検出
2014年 動物衛生研究所
BSE感染サルに由来する異常プリオン蛋白質の超高感度検出技術の開発
2014年 動物衛生研究所
マウスGT1-7細胞は長潜伏期の野外スクレイピープリオン株に感受性を示す
2014年 動物衛生研究所
パンデミック2009ウイルスの遺伝子を持つブタインフルエンザウイルスの分離
2014年 動物衛生研究所
リバースジェネティックス法による高病原性鳥インフルエンザ弱毒ワクチン株の作製
2014年 動物衛生研究所
高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性に関与するPB1のアミノ酸置換
2014年 動物衛生研究所
モノクローナル抗体を用いた高感度口蹄疫抗原検出ELISA
2014年 動物衛生研究所
経鼻および経口経路による口蹄疫ウイルス日本分離株の豚への実験感染
2014年 動物衛生研究所
口蹄疫ウイルスO/JPN/2010株の牛および山羊に対する病原性
2014年 動物衛生研究所
Histophilus somniの主要外膜蛋白質遺伝子を標的とする新規遺伝子改変法
2014年 動物衛生研究所
既存の遺伝子型別法では判定不能な豚胸膜肺炎菌血清型6
2014年 動物衛生研究所
豚胸膜肺炎菌の血清型K12:O3を世界で初めて分離
2014年 動物衛生研究所
異なる国から分離されたヨーロッパ腐蛆病菌株の類縁関係
2014年 動物衛生研究所
豚コレラ清浄性確認検査で見出されたわが国初の羊のボーダー病ウイルス
2014年 動物衛生研究所
山形県内で最近10年間に発生した牛の下痢症に関する調査
2014年 動物衛生研究所
新しい遺伝子型の牛パラインフルエンザウイルス3型
2014年 動物衛生研究所
欧州型豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルス遺伝子検出法の開発
2014年 畜産草地研究所
防風ネットを利用した畜舎汚水浄化施設からの微生物飛散抑制法
2013年 食品総合研究所
Fusarium asiaticumのデオキシニバレノール産生に及ぼすアグマチンの影響
2013年 動物衛生研究所
Culicoides属ヌカカ幼虫の分子生物学的手法による種同定
2013年 動物衛生研究所
新たに出現した牛由来多剤耐性Salmonella Typhimuriumの遺伝学的性状
2013年 動物衛生研究所
移動制限下における口蹄疫の農場間伝播に関わるリスク要因
2013年 動物衛生研究所
口蹄疫伝播シミュレーションモデルによる防疫対策の評価
2013年 動物衛生研究所
赤外線サーモグラフィを用いた健康牛の各部位における体表温度差
2013年 動物衛生研究所
イネ墨黒穂病罹病もみはマウスに28日間反復投与しても有害な影響を及ぼさない
2013年 動物衛生研究所
カンピロバクターの細胞表面糖脂質の糖鎖欠損により鶏腸管内定着性が低下する
2013年 動物衛生研究所
アカバネウイルスに対する中和抗体を誘導する抗原領域の同定
2013年 動物衛生研究所
豚丹毒菌の新規ワクチン候補抗原CbpBの同定
2013年 動物衛生研究所
カイコの糖鎖修飾関連酵素(グルコシダーゼII)の遺伝子単離と生産
2013年 動物衛生研究所
ブタ妊娠黄体維持における腫瘍壊死因子-α(TNF-α)及びその関連因子の役割
2013年 動物衛生研究所
BSEプリオンの感染性は155°C以上で20分間の蒸製熱処理で消失する
2013年 動物衛生研究所
肉骨粉製造工程におけるBSEプリオン不活化のPMCA法による迅速評価
2013年 動物衛生研究所
BSEの感染性はウシ化マウスへの腹腔内投与により75日で判定できる
2013年 動物衛生研究所
L型非定型BSEは緬羊に脳内接種で感染する
2013年 動物衛生研究所
BSE感染牛の骨格筋における異常プリオン蛋白質の蓄積部位
2013年 動物衛生研究所
プリオン蛋白質の正常型から異常型への変換・増幅には核酸を必要とする
2013年 動物衛生研究所
異常プリオン蛋白質のN末端領域には特徴的な立体構造がある
2013年 動物衛生研究所
血清型2、6、10 型鳥パラミクソウイルスはワクチンベクターとして有望である
2013年 動物衛生研究所
近年の豚インフルエンザウイルスHA蛋白質の抗原性の違い
2013年 動物衛生研究所
山羊胎子舌株化細胞の使用により口蹄疫ウイルス分離率が高まる
2013年 動物衛生研究所
鶏コクシジウムの胞子形成期に発現する新規遺伝子群
2013年 動物衛生研究所
ヨーネ病の新しい血清学的診断用抗原Map-echA
2013年 動物衛生研究所
豚レンサ球菌全35血清型の莢膜多糖合成関連遺伝子群の同定
2013年 動物衛生研究所
牛C群ロタウイルスの全遺伝子解析
2013年 動物衛生研究所
ノトバイオート子豚は豚エンテロウイルス性脳脊髄炎発病解析モデル動物となる
2012年 動物衛生研究所
ブリリアントブルーG250は異常プリオン蛋白質蓄積を阻害する
2012年 動物衛生研究所
サルモネラ認識能が低下するTLR5一塩基多型(C1205T)の簡易検出法
2012年 動物衛生研究所
ウシCXCL8に対するモノクロ-ナル抗体
法人番号 7050005005207