ブランド化に向けた高品質な農産物・食品の開発

農産物の国産ブランド化や高度利用による6次産業化を推進し、地域基幹作物の収益性を高めるため、加工適性等を改善した高品質な品種の育成に取り組む。

バレイショでは、国内産地リレーによる加工原料の安定した周年供給を可能にするため、長期貯蔵技術を開発するとともに、加工適性や貯蔵性が高く多様な作型に対応できる品種を開発する。また、疫病やジャガイモシストセンチュウなどの病虫害の高度抵抗性品種や、でん粉特性や有色変異などを利用した新規形質系統を開発する。

カンショでは、加工需要を拡大するため、低温糊化性でん粉品種、及び焼酎等への醸造適性や食品加工適性に優れた品種を育成する。また、多収で直播栽培適性に優れ生産コストが削減できる原料用品種や、貯蔵性や早期肥大性などに優れた収益性の高い青果用品種を育成する。

サトウキビでは、島しょにおける干ばつ等の不良環境に対する適応性を有し、安定多回株出し栽培や早期収穫により製糖工場への搬入期間を年間6ヶ月程度に拡大できる製糖用品種を育成するとともに、用途拡大と高度利用を可能にする砂糖・エタノールの複合生産用品種や飼料用品種を育成する。

また、地域特産性の高いソバやナタネでは、機械収穫適性の高い多収で高品質なソバ品種や春まきソバなどの新たな作型に対応したソバ品種、暖地の水田作に適した無エルシン酸やダブルローなど成分特性に優れるナタネ品種を育成する。さらに、6次産業化の推進に有用な雑穀、雑豆等の新規作物を導入・評価する。

研究成果情報

2015年 九州沖縄農業研究センター
暖地春まき栽培に適するだったんそば品種候補「九州D6号」の育成
2015年 九州沖縄農業研究センター
色素用の高アントシアニンカンショ新品種候補系統「九州180号」
2015年 九州沖縄農業研究センター
粉質良食味で焼きいも適性が優れるカンショ新品種候補系統「九州161号」
2015年 北海道農業研究センター
580から595nmの波長ピークを有するLEDはバレイショの緑化を軽減する
2015年 作物研究所
カンショでん粉の低温糊化性の遺伝様式と遺伝子の量的効果
2015年 作物研究所
サツマイモのマルトース生成におけるβ-アミラーゼ活性とでん粉糊化温度の影響
2015年 作物研究所
低温糊化でん粉を含むサツマイモ「クイックスイート」のマルトース生成メカニズム
2015年 中央農業研究センター
小規模サトウキビ栽培をもとにしたエタノール生産のライフサイクルアセスメント
2014年 九州沖縄農業研究センター
「ハイスターチ」のサツマイモネコブセンチュウ抵抗性遺伝子保持系統選抜用DNAマーカー
2014年 九州沖縄農業研究センター
イモゾウムシ抵抗性サツマイモ系統のスクリーニング法と系統選抜
2014年 九州沖縄農業研究センター
サツマイモ二倍体近縁野生種Ipomoea trifidaのゲノム配列情報
2014年 東北農業研究センター
ミールの多角的利用が可能な高収油量のなたね新品種候補系統「東北99号」
2014年 北海道農業研究センター
生食用バレイショ品種の低温貯蔵による糖増加特性
2014年 作物研究所
セサミンとセサモリンが多い金ごま新品種「にしきまる」
2013年 北海道農業研究センター
赤皮黄肉で病虫害抵抗性が優れるばれいしょ新品種「あかね風」
2013年 作物研究所
多収で早期肥大性に優れる青果用カンショ新品種「からゆたか」
2012年 北海道農業研究センター
3種のジャガイモシストセンチュウ抵抗性遺伝子の同時検出と遺伝資源の評価
2012年 東北農業研究センター
暖地に適した無エルシン酸なたね新品種候補「ななはるか」
2012年 北海道農業研究センター
抗張強度が2倍程度強い難脱粒ソバ系統「W/SK86GF」の開発と特性
2011年 北海道農業研究センター
良食味のだったんそば新品種候補「芽系T27号」
2011年 東北農業研究センター
越冬性が優る無エルシン酸なたね新品種「キタノキラメキ」
2011年 作物研究所
収量性が高く品質の良い蒸切干加工用カンショ新品種「ほしこがね」
2011年 作物研究所
高品質で病虫害に強いカンショ新品種「あいこまち」
2011年 九州沖縄農業研究センター
高でん粉で醸造適性や貯蔵性が優れるカンショ新品種「コガネマサリ」
法人番号 7050005005207