研究活動報告詳細

「平成28年度 第3回アドバイザリーボード(委員会)」を開催

情報公開日:2017年2月 2日 (木曜日)

開催日時

平成29年2月1日(水曜日) 13時10分~15時50分

開催場所

北農研 大会議室

内容

 北農研は平成29年2月1日(水曜日)、水田作研究分野を対象として「平成28年度 第3回アドバイザリーボード」(※1)を開催しました。

 アドバイザリーボードでは、農業者、実需者などから農業現場や地域における課題、要望を直接お聞きしてニーズとして集約し、今後の研究方針に活かしていくことを目的としています。

 今回は、水田作分野での第1回目の開催で、水田作営農(土地利用型作目)における大規模化や大規模生産法人における業務効率化に向けた技術開発、実需・流通に関するニーズが出され、活発な意見交換が行なわれました。

 昨年7月開催の畑作研究分野、9月開催の酪農研究分野に続き、第3回目のアドバイザリーボード開催となりました。

 アドバイザリーボードの様子 アドバイザリーボードの様子

 北農研は、アドバイザリーボードなどの仕組みを通じて、これまで以上に生産現場のニーズに直結した研究開発を推進し、また、開発した研究成果の普及を加速化させ、北海道地域農業の発展に寄与していきます。

 

※1 アドバイザリーボード

農業ビジネスの現場におられる生産者(農業団体)、実需者などに委嘱して組織する委員会です。北海道では、酪農(畜産)、畑作、水田作の3分野を対象とし、委員の任期は2年としています。

農研機構では、新たな「農林水産研究基本計画(平成27年3月31日 農林水産省農林水産技術会議決定)」に基づく農業試験研究を推進しています。この計画には、アドバイザリーボードの設置が謳われています。

 

(リンク)新たな農林水産研究基本計画(農林水産省Webページ)

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/kihonkeikaku/

法人番号 7050005005207