研究活動報告詳細

「成果宅配便:ジャージー雄子牛に関する意見交換会」を開催しました

情報公開日:2015年9月16日 (水曜日)

9月3日(木曜日)に、JA阿蘇小国郷中央支所で成果宅配便「周年放牧肥育技術」のジャージー雄子牛の生産技術及び試食を通じた意見交換会を開催しました。意見交換会には、小国町酪農家・小国町役場・JA阿蘇等の関係者、約20名が出席しました。
小国町でジャージー雄子牛を飼育し、販売している高村牧場高村祝裕さんから取り組みについて紹介をしていただきました。農研機構九州沖縄農業研究センターから、ジャージー雄子牛の飼養期間を短くする等の改良を加えた「周年放牧肥育技術」を適用した生産事例を紹介しました。従来、ジャージー雄子牛は食用として利用されていませんでしたが、肥育された子牛を熊本ニュースカイホテルの臼杵シェフに調理していただき試食したところ、出席者には大変好評でした。
今回の意見交換会が、今後の取組を検討していただく契機になれば幸いだと思っています。

  
  

九州研よりジャージー雄子牛牛肉の生産技術を説明
九州研よりジャージー雄子牛牛肉
の生産技術を説明

調理方法について臼杵シェフ(右)に積極的に質問する参加者
調理方法について臼杵シェフ(右)
に積極的に質問する参加者

法人番号 7050005005207