研究活動報告詳細

攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業成果シンポジウムを開催しました

情報公開日:2016年3月25日 (金曜日)

2月18日(木)鹿児島県歴史資料センター黎明館において、攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業「九州における飼料生産組織、TMRセンター、子牛育成センターが連携する地域分業化大規模肉用牛繁殖経営の実証」の成果シンポジウムを開催しました。成果シンポジウムには、県内外より民間企業、JA、生産者、国、県や市町村等から117名の参加がありました。

本事業では、これまでに九州沖縄農研などが開発してきた大規模肉用牛繁殖経営に関する飼料生産から子牛の育成・出荷に係わる様々な技術について、2年間にわたり鹿児島県大隅地域で現地実証試験を行い、その技術の有効性を明らかにしてきました。
本成果シンポジウムでは、現地実証試験に導入した8つの技術について紹介し、その技術の深化と向上を図ることを目的に参加者と意見交換を行いました。

シンポジウムでの講演
シンポジウムでの講演

参加者との意見交換
参加者との意見交換

法人番号 7050005005207