研究活動報告詳細

飯島藤十郎記念食品科学振興財団平成27年度技術賞を受賞しました

情報公開日:2016年5月30日 (月曜日)

受賞

飯島藤十郎記念食品科学振興財団平成27年度技術賞

受賞者

山本(前田)万里(食品健康機能研究領域長)、酒瀬川洋児(JAかごしま茶業)、鈴木紳一郎(アサヒ飲料)

受賞対象

「機能性表示食品に対応したべにふうき緑茶活用食品の開発」

受賞日

2016年4月18日

研究の概要

緑茶に含まれるメチル化カテキンが強い抗アレルギー作用を持つこと、メチル化カテキンが品種「べにふうき」に特異的に多く含まれていることや作用機序、茶葉中のメチル化カテキンの葉位別・熟度別変動、最適製造法、メチル化カテキンの簡易分析手法、ヒトでの抗アレルギー効果、最適飲用法、超高温殺菌によりメチル化カテキンが異性化し、そのことにより抗アレルギー活性が増強されることを明らかにした。また、鹿児島県における「べにふうき」の新たな茶産地の開拓、メチル化カテキンの成分値保証のための生産管理システムの構築を含めた「べにふうき」緑茶のティーバッグの商品化を行った。さらに、今年の4月に新たに制度化された機能性表示食品に対応して、これまでの成果をもとにシステマティックレビューを実施し、食品メーカーと共同で2015年9月に「べにふうき」緑茶ティーバッグを開発して、農産物の一次加工食品としては機能性表示食品第一号として上市を果たすとともに、350ml入りPET容器詰め飲料(めめはな茶)を開発し、一日当たり2本(700ml)の飲用を目安にした機能性表示食品として2015年11月から販売が開始された。

式の様子



法人番号 7050005005207