研究活動報告詳細

日本食品工学会2015年度奨励賞を受賞しました。

情報公開日:2016年8月 9日 (火曜日)

受賞

日本食品工学会2015年度奨励賞

受賞者

蔦 瑞樹 食品分析研究領域 主任研究員(非破壊計測ユニット)

受賞対象

「蛍光指紋情報のデータマイニングによる食品品質評価」

受賞日

平成28年8月4日

研究の概要

受賞者は近赤外分光法に比べて感度、定量性、適用対象の広さで優れた蛍光指紋に着目し、その計測及びデータ解析手法を確立してサトイモの非破壊・迅速産地判別等、従来の光センシング技術では困難であった品質評価を実現しました。また、その過程で開発したデータマイニング手法をフローサイトメトリー法のデータ解析に応用し、従来法では困難であった自家蛍光物質を含有する試料の高精度な生菌数推定に成功しました。近年ではデータマイニング手法を活用したフェノミクス・メタボロミクスデータの統合解析に取り組んでおり、その過程で泡盛の熟成に伴って変化する揮発性物質を同定し、それらに対応する蛍光指紋パターン変化を利用して、泡盛の新酒・古酒が識別可能なことを明らかにしました。

(写真)受賞風景 ’(写真)講演風景
法人番号 7050005005207