研究活動報告詳細

平成28年度日本食品微生物学会研究奨励賞を受賞しました。

情報公開日:2016年9月23日 (金曜日)

受賞

平成28年度日本食品微生物学会研究奨励賞

受賞者

川崎 晋 食品安全研究領域 上級研究員(食品衛生ユニット)

受賞対象

「食中毒菌の迅速検出・定量技術開発と実用化に関する研究」

受賞日

平成28年9月15日

研究の概要

昨今、食の安全を揺るがす大規模食中毒事件が多発し、消費者や食品製造業などに大きな社会不安を与えている。様々な食中毒菌の遺伝子検査技術が開発されてきたが、多種多様性のある食品への適応性について評価したものは少なく、業界への普及を妨げる一因ともなっている。

受賞者は、現場活用できる自主衛生検査法の提供を目的として、迅速検査技術の研究を幅広く行ってきた。中でも食中毒菌一括同時迅速検査法の開発は、基礎開発に始まり日米での特許化、最終的にキットとして実用化に至ったことは大きな成果であり、本成果の一部を本学会に報文発表した。さらに遺伝子定量技術を用いた食中毒菌増殖特性評価や増殖挙動モデル研究を進めており、生乳中でのサルモネラの増殖モデル解析について本学会誌に報告するなどの成果を収めた。

nfri_jyusho_0915-1.png nfri_jyusho_0915-2.png
法人番号 7050005005207