研究活動報告詳細

"2nd Southeast Asia Symposium on Quality Management in Postharvest Systems (SEAsia2013)"でポストハーベスト優秀研究者表彰を受賞しました。

情報公開日:2013年12月13日 (金曜日)

受賞者

稲津康弘
食品安全研究領域 上席研究員(食品衛生ユニット長)

受賞対象

「衛生管理に関する国際的ポストハーベスト研究における貢献」

受賞日

平成25年12月4日

研究の概要

生食野菜に起因する食中毒の発生が国際的な問題となっており、作物の栽培から消費までの各段階における適切な衛生管理の必要性が、広く認識されるようになってきた。農林水産省委託「生産工程」プロジェクト等で実施した生野菜の殺菌に関する研究成果には見るべきものがあること、またJSPS科研費による「発展途上国における生食野菜生産環境の食中毒原因菌汚染実態に関する調査研究」等を通じて、東南アジア地域の農場の衛生管理状況改善に資する共同研究を推進し、発展途上国の研究の強化に対する貢献も大であったことが、評価されました。

受賞写真

法人番号 7050005005207