研究活動報告詳細

日本食品保蔵科学会学会賞を受賞しました

情報公開日:2015年7月 7日 (火曜日)

受賞

日本食品保蔵科学会学会賞

受賞者

石川 豊
企画管理部 業務推進室長

受賞対象

「包装資材の特性に基づいた青果物の輸送並びに貯蔵中の品質保持に関する研究」

受賞日

平成27年 6月27日

研究の概要

青果物の輸送・貯蔵中における品質保持方法として、MA(Modified Atmosphere)包装、緩衝包装等がある。
効果的なMA包装を行うためにはフィルムのガス透過性の評価、青果物の呼吸速度の計測などを行うことで包装内ガス組成を推定し、最適な包装条件を決める必要がある。青果物のMA包装設計を適切に行うための呼吸モデルを開発、微細孔フィルムを使ったMA包装設計にまで適用できることを明らかにした。
青果物を傷つけずに輸送するためには、輸送環境を把握し、青果物の損傷特性を計測することで適正な包装設計を行う必要がある。青果物の損傷特性については落下試験機や衝撃試験機等を使った計測を行い、新たにイチゴやオウトウなど軟弱な果実でも海外への輸出可能な新たな緩衝包装について提案した。

 

 受賞時画像

法人番号 7050005005207