研究活動報告詳細

「令和元年度 食品科学工学会表彰 奨励賞」を受賞しました

情報公開日:2019年9月17日 (火曜日)

受賞

「令和元年度 食品科学工学会表彰 奨励賞」

受賞者

食品研究部門 食品安全研究領域 川崎 晋 上級研究員(食品衛生ユニット)

受賞対象

「食品微生物の迅速計測技術開発と実用化に関する研究」

受賞日

2019年8月29日

研究の概要

食品中に存在する微生物の数を把握することは、食品現場での製造工程や製品の品質などの安全性評価に重要な役割を果たします。しかし、その計測には専門的技術と時間を要するため、製造現場における衛生状態改善など事故未然防止のための活用が困難でした。
上記の背景から、簡易かつ迅速な微生物数計測手法の開発と、その実用性について研究を行いました。呼吸代謝を指標とした酸素電極法や化学発光法、そして、遺伝子手法による食中毒菌数計測法等について技術開発を行いつつ、その利活用について研究成果を報告しました。
微生物の簡易迅速計測技術は、食品中の微生物数計測以外にも微生物の増殖速度算出や生物活性測定にも利用できる可能性があり、微生物制御への応用も期待できることを示しました。

表彰を受ける川崎研究員の写真。
ステージの檀上で研究内容について説明を行う川崎研究員の写真。