研究活動報告

夏季の農業気象(高温に関する指標) 2013-2019

情報公開日:2020年3月23日 (月曜日)

近年、夏季の高温による農作物の被害が多発しています。農研機構農業環境変動研究センター(旧 農業環境技術研究所)では、水稲の生育に影響を与える夏季の農業気象の概況を整理しています。具体的には、2013年以降について、夏季の猛暑日と熱帯夜、ならびに水稲の登熟期間の平均気温などの地域的な特徴を示し、気象データに基づく穂温の推定結果についても紹介しています。

2019年夏季の農業気象(高温に関する指標)

2019年の猛暑日 (日最高気温 35 °C以上) の記録回数は、1994年以降の26年間で東日本が6番目、西日本が8番目の順位でした。一方、熱帯夜 (日最低気温25°C以上) の記録回数は、東日本が2018年、2010年に次ぐ3番目、西日本では5番目の順位となりました。

登熟前半の平均気温が26°Cを超えると、品質の低下リスクが増加します。多くの地域で登熟期間が7月下旬~8月中旬の高温の発生時期と重なったため、出穂日から20日間 (登熟前半) の平均気温が26°Cを超える地域は、西日本から東北地方の日本海側まで広く分布し、関東東部、北陸平野部、東海、近畿地方などで28°C以上の高温の地域が認められました。

穂温モデルを用いた解析により、8月前半の穂温が全国的に記録的な高さとなり、近畿から東北地方にかけては猛暑年の2010年を上回った可能性が示されました。近年の猛暑年と比較して、北陸や東北地方などの比較的緯度が高い地域で、出穂日前後7日間の日中の推定穂温が高くなっていました。

2018年夏季の農業気象(高温に関する指標)

2017年夏季の農業気象(高温に関する指標)

2016年夏季の農業気象(高温に関する指標)

2015年夏季の農業気象(高温に関する指標)

2014年夏季の農業気象(高温に関する指標)

2013年夏季の農業気象(高温に関する指標)