研究活動報告詳細

2017年度 日本植物細胞分子生物学会 学生奨励賞 受賞 (生物機能利用研究部門 三上雅史)

情報公開日:2018年2月 7日 (水曜日)

日本植物細胞分子生物学会 (Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology) の第35回大会 (平成29年8月29日~31日、大宮ソニックシティ) にて、生物機能利用研究部門の職員が以下のとおり受賞しましたのでお知らせいたします。

受賞者

三上雅史 (先進作物ゲノム改変ユニット (横浜市立大学連携大学院大学院生) 指導教官: 土岐精一ユニット長)

賞の名称

2017年度 日本植物細胞分子生物学会 学生奨励賞 (The JSPCMB Student Award)

受賞業績

CRISPR/Cas9 を用いた植物ゲノム編集技術の開発 (Establishment of CRISPR/Cas9-based technique for plant genome editing)

受賞日

平成29年8月30日

概要

日本植物細胞分子生物学会 (Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology) の第35回大会 (平成29年8月29日~31日、大宮ソニックシティ) にて、学生奨励賞を受賞し、「CRISPR/Cas9 を用いた植物ゲノム編集技術の開発」と題し、受賞講演を行った。学生奨励賞は優れた研究を遂行し、将来の活躍が期待される学生会員に対して贈られる。

2017年度 日本植物細胞分子生物学会 学生奨励賞、賞状の写真

法人番号 7050005005207