研究活動報告詳細

日本育種学会論文賞

情報公開日:2019年11月 6日 (水曜日)

生物機能利用研究部門の職員が以下のとおり受賞しましたのでお知らせいたします。

受賞者

吉田 均(遺伝子利用基盤研究領域長)

賞の名称

日本育種学会論文賞

受賞対象業績

Shinnosuke Ohmori, Setsuo Koike, Takami Hayashi, Tomoya Yamaguchi, Makoto Kuroki
and Hitoshi Yoshida
The cleistogamy of the superwoman1-cleistogamy1 mutation is sensitive to low temperatures during the lodicule forming stage
Breeding Science 68(4): 432-441 (2018)

受賞年月日

2019年3月15日