研究活動報告

園芸学会賞を受賞

情報公開日:2020年4月20日 (月曜日)

日時

2020年3月21日(土曜日)

内容

受賞成果名

「ナシなどのバラ科果樹のゲノム解析に関する研究」

受賞者

農研機構 本部 知的財産部 山本 俊哉 部長 (前 果樹茶業研究部門)

山本 俊哉 部長は、園芸学会から園芸学会賞を受賞しました。

受賞理由

世界に先駆けてナシの標準連鎖地図を作成するとともに、収穫期や果皮色の識別、重要病害である黒星病や黒斑病に強い性質、省力適性など農業上重要な形質のDNAマーカーを開発し、ニホンナシのDNAマーカー選抜育種システムを構築しました。ナシおよびリンゴにおいて染色体レベルでの高いゲノムシンテニー(構造類似性)の存在を明らかにし、また多数のDNAマーカーを利用して効率的な選抜を行うスマート育種技術の開発に繋げるなど、多様なゲノム解析を展開した業績により表彰されました。

園芸学会賞 賞状
山本 俊哉 知的財産部長