研究活動報告詳細

「暑熱環境下における肥育豚のリジン要求量並びに飼料への資材添加による暑熱適応策の有効性評価」が平成27年度日本養豚学会奨励賞を受賞

情報公開日:2015年5月13日 (水曜日)

楯賞状

受賞者

芦原 茜(家畜生理栄養研究領域)

研究の背景

夏の暑い時期には食欲が低下しますが、それは家畜である豚も同じです。この原因は、暑熱によって体温が上昇すること、摂取した飼料の消化が低下すること、酸化ストレスが増加することなど、様々なことが関与すると言われています。このような問題を解決すれば、暑熱環境下における肥育豚の飼養改善に効果的であると考え研究を行いました。

研究の成果

暑熱環境下における肥育豚の生産性低下には、飼料摂取量の低下が大きく関与しています。飼料摂取量が低下することによって、摂取すべきアミノ酸量が不足するため、アミノ酸要求量を満たすことができず、体重の増加が抑制されます。そこで、暑熱環境下における肥育豚のリジン要求量について検討し、適温下よりもリジン要求量を高める必要があることを明らかにしました。

また、暑熱環境下における生産性低下には、酸化ストレスの関与や体温上昇および消化能の低下も関与しているといわれています。このことから、抗酸化成分を含む飼料資材や消化能の増加に影響を及ぼす飼料資材を肥育豚に給与し、暑熱適応策の有効性について評価しました。その結果、抗酸化成分を含む資材を肥育豚に給与すると、酸化ストレスが低減できる可能性が示唆されました。また、多糖類分解性酵素を飼料に添加することにより、暑熱環境下における消化能低下を緩和できる可能性を示しました。

以上の研究成果は、暑熱環境下における肥育豚の生産性低下を改善する手法の一端を明らかにしたものです。今後は、栄養的調節による豚肉の品質向上について研究を進め、日本の養豚現場で役立つ技術を開発していきたいと思います。

法人番号 7050005005207