研究活動報告詳細

広島県神石高原町で発生した地すべりへの農村工学研究所の対応

情報公開日:2010年7月28日 (水曜日)

土砂崩壊で不自由な生活を余儀なくされている方々に謹んでお見舞い申し上げます。

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(農村工学研究所)は、災害対策基本法に基づく指定公共機関として、農林水産省、県等からの被災調査等の技術支援要請に機動的に対応しています。

被災状況及び調査の概要

7月12日からの梅雨前線の影響で、西日本から東日本にかけて広い範囲で激しい雨に見舞われ、家屋の倒壊、県道の不通などの被害が発生しています。この中で、7月14日に広島県神石高原町において地すべりが発生したため、農林水産省、中国四国農政局及び広島県が合同で調査を行いました。

専門家の派遣

7月17日(土) 農林水産省及び中国四国農政局からの派遣要請を受け、川本農村総合研究部広域防災研究チーム長、中里施設資源部基礎地盤研究室長及び田頭施設資源部構造研究室主任研究員を現地に派遣し、中国四国農政局、広島県、神石高原町と合同で現地調査を行い、地すべりによる移動部分及びその周辺の調査及び技術支援を行いました。

hiroshima_220717nkk
家屋倒壊と県道への押し出しの状況

現地調査報告

2010年7月28日 更新(7月17日までの派遣結果等を報告)

法人番号 7050005005207