研究活動報告詳細

2013年度(平成25年度)夏秋トマト安定生産技術開発に関する研究成果発表会を開催しました

情報公開日:2013年11月20日 (水曜日)

開催日時

2013年11月12日(火曜日)13時15分~17時00分

開催場所

徳島県立農林水産総合技術支援センター(徳島県名西郡石井町)

参加者数

78名

開催概要

本発表会は、農研機構近畿中国四国農業研究センターが主催し、徳島県立農林水産総合技術支援センター及びNPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会と共催、徳島県養液栽培研究会、農業施設学会、日本農作業学会中国・四国支部の協賛をいただき開催しました。

当研究センターでは、2008年度(平成20年度)から2012年度(平成24年度)に実施した地域農業確立総合研究(2011年度(平成23年度)からは現地実証等事業)において、徳島県、広島県、山口県および愛媛県と共同研究を実施し、標高・産地規模の異なる3箇所の中山間地に現地実証試験地を設け、夏秋トマトについて低段密植栽培技術の導入により10aあたり16t水準の収量、250万円水準の所得を確保できることを実証してきました。

本発表会は、これらの研究成果の発表を行うとともに、平張型傾斜ハウス、養液栽培技術の現地実証試験を実施した経験も踏まえ、研究者、生産者、行政担当者の間で幅広い意見交換を行い、今後の技術普及に向けた課題の抽出と中山間のトマト産地の振興への活用を模索するために開催しました。

発表会では、基調講演1題、研究成果発表2題、現地実証の取組紹介1題についての講演をはじめ関連技術展示や総合討論の中で多くの意見交換が行われるとともに、産地振興等の課題についても活発な討論が行われました。

多くの方が参加された発表会

会場後方において技術展示と活発な意見交換が行われました

法人番号 7050005005207