研究活動報告詳細

高アミロース米新品種「ふくのこ」で製造した米粉麺のモニターを募集します

情報公開日:2016年10月26日 (水曜日)

このたび、農研機構西日本農業研究センターでは、西日本向けの高アミロース水稲新品種「ふくのこ」を育成しました(プレスリリース)。「ふくのこ」の炊飯米は、一般の主食用米に比べると粘りが弱く、冷めるとポロポロとした食感になりますが、米粉麺など、米粉製品への加工適性が高い特徴があります。

そこで、「ふくのこ」の生産、米粉製品の製造、販売などに役立てていただくため、以下の通りモニターを募集します。皆様のご応募をお待ちしております。

申込専用フォームはこちら

 対象者

農業者、加工業者、小売業者、飲食店、料理研究家等、米粉製品に関心のある方

募集人数

70名 (応募多数の場合は抽選といたします。抽選の場合、当選者の発表は米粉麺の発送をもって代えさせていただきます。)

参加申込み

平成28年11月16日(水曜日)までに、申込専用フォームからお申し込みください。

内容

当選した方には、「ふくのこ」の米粉と水のみで製造した米粉麺5食をお送りしますので、アンケート(選択式および簡単な記述式)にお答え下さい。回答締め切りは12月22日(木曜日)です。

米粉麺の発送(クール便)は、11月末から12月上旬を予定しています。発送日の指定はできませんのであらかじめご了承下さい。米粉麺の賞味期限は、発送日から20日程度です。

 問い合わせ先

「ふくのこ」モニター募集事務局 重宗明子

電子メール:こちらへ

電話:084-923-5385

法人番号 7050005005207