半わい性のリンゴ台木新品種候補「リンゴ台木盛岡2号」

要約

リンゴ台木新品種候補「リンゴ台木盛岡2号」は、マルバカイドウに「M.9」を交雑して育成したリンゴ半わい性台木である。挿木繁殖が極めて容易で、わい化能力は「M.26」よりやや弱い。耐水性は強く、半わい性台木の利用が可能なリンゴの栽培地帯全域に適する。

  • 担当:果樹試験場・リンゴ支場・育種研究室
  • 連絡先:成果情報のお問い合わせ
  • 部会名:果樹
  • 専門:育種
  • 対象:果樹類
  • 分類:普及

背景・ねらい

リンゴの省力生産の推進のためには、わい性台木や半わい性台木を利用した低樹高栽培が必要である。しかし、現在使用されている「MM.106」等の半わい性台木は繁殖性や耐病虫性が劣ることから、挿木繁殖が可能で生産力が優れる半わい性台木品種の育成を試みた。

成果の内容・特徴

  • 昭和47年(1972)にマルバカイドウ「セイシ」に「M.9」を交雑して育成した。育成された実生について根の皮部率60%以上、挿し木発根率50%以上を目安として選抜を進め、昭和59年(1984)に優良系統として選抜した。昭和60年(1985)から系統番号「リンゴ台木盛岡2号」としてリンゴ台木第1回系統適応性検定試験に供試した。平成7年度の系統適応性・特性検定試験成績検討会においてその優秀性が確認され、平成8年度の同検討会において新品種候補にふさわしいとの結論が得られた。
  • 樹勢は中程度で、樹姿は直立と開張の中間を呈する。耐水性はマルバカイドウと同程度に強い(データ省略)。挿し木活着率が98%と高く、挿し木による繁殖が極容易である。挿し木によって発生した新梢は直立し、生育良好で、1シーズンで台木として使用可能な大きさに達する。台木として用いた場合にひこばえがやや発生する。根部疫病、ACLSV、ASPV、斑点落葉病に抵抗性で、黒星病には中程度の抵抗性を示す。リンゴワタムシには感受性である(表1) 。
  • 本系統は半わい性台木で、樹は「M.26EMLA」を台木に用いた場合よりやや大きくなる。「ふじ」との接木親和性は中~良で、台勝ちを呈する。幹の断面積当りの生産効率は「M.26EMLA」よりやや劣る(表2)。
  • 本系統を台木として用いた場合の「ふじ」の果実重と玉揃い、着色、硬度、酸度は対照台木の「M.26EMLA」とほぼ同等である。糖度は対照台木よりやや低く、マルバカイドウ並みと考えられる(表3)。

成果の活用面・留意点

本系統は挿し木による繁殖が極容易で、半わい性のわい化能力を有する。そのため、本系統はマルバカイドウに代る半密植栽培用の台木として有効なものと期待されている。リンゴの栽培地帯全域への普及に適すると考えられる。

具体的データ

表1 「リンゴ台木盛岡2号」の病害虫抵抗性

表2 「ふじ」の生育並びに結実に及ぼす影響

表3 「ふじ」の果実品質に及ぼす影響

その他

  • 研究課題名:リンゴ台木第1回系統適応性検定試験
  • 予算区分 :経常
  • 研究期間 :平成8年度(昭和60年~平成8年)