果肉色が優れ甘味の多いやや晩生のクリ新品種「クリ筑波 35 号*

要約

クリ新品種候補「クリ筑波 35 号」は、「筑波」に「524-1」を交雑して育成したやや晩生系統である。果実の比重が大きく、果肉は黄色味が強く、甘味が多くて食味良好である。

  • 担当:果樹試験場・育種部・ナシ・クリ育種研究室
  • 連絡先: 成果情報のお問い合わせ
  • 部会名: 果樹
  • 専門: 育種
  • 対象: 果樹類
  • 分類: 普及

背景・ねらい

昭和20年代に急速に蔓延したクリタマバチ対策として抵抗性品種の育成が行われてきたが、中国からの導入天敵が定着する様相を示していることにより、クリ育種は従 来以上に品質の改良に重点がおかれるようになった。本品種は果実品質が優れる中晩生品種を育成しようとして選抜したものである。

成果の内容・特徴

  • 1983 年(昭和 58 年)に肉質優良な中生品種の「筑波」にやや晩生で大果の育成系統である「524-1」(利平ぐり×クリ平塚 24 号(片山×赤中))を交雑して育成した。
  • 1986 年(昭和 61 年)に定植し、1991 年(平成3年)に一次選抜した。1992 年(平成4年)から「クリ筑波 35 号」としてクリ第5回系統適応性検定試験に供試した。その結果、平成 12 年度同試験成績検討会議において新品種候補にふさわしいとの結論が得られた。
  • 樹姿は「石鎚」に似てやや開張性で樹勢は中である。枝梢は褐色で皮目はやや扁円形を呈する。成葉は長楕円状披針形で中程度の大きさである。葉柄は中程度の太さでやや長い。雄花穂は中程度の長さで姿勢は開張と直立の中間である。クリタマバチ抵抗性は未検定である。
    きゅう果は扁球形できゅう梗は中位の太さであるが短く、とげはやや長い。側果の則面の形は帯円三角形、横面は尖円形である。果実は「筑波」よりは小さいが 「石鎚」とほぼ同じ大きさであり、果皮は暗褐色を呈する。座がやや大きく、果皮の毛じは多い。果肉は「筑波」よりも黄色味が強くて粉質であり、甘味、香気 ともに多く、食味は良好である。また、貯蔵中の果肉色の変化が比較的少ない。開花期は「筑波」、「石鎚」と同時期で遅く、成熟期はやや遅く、概ね「筑波」 と「石鎚」の中間である。収量は「筑波」より劣るが「石鎚」と同程度である(表1、表2、図1)。

成果の活用面・留意点

  • 全国のクリ栽培地帯で栽培可能であり、「筑波」と「石鎚」の間を補完する品種として利用できる。
  • 樹勢が低下しやすいので集約的管理により樹勢の強化を図る必要がある。台木との組合せによっては接ぎ木不親和症状を呈することがある。

具体的データ

表1 クリ筑波35号の特性概要

 

表2 クリ筑波35号の食味の評価

 

図1 「クリ筑波35号」のきゅう果の

その他

研究課題名:クリ第5次育種試験、クリ第5回系統適応性検定試験

予算区分:経常

研究期間:平成 12 年度(昭和 58 年~平成 12 年)

研究担当者:壽 和夫、齋藤寿広、佐藤義彦、阿部和幸、正田守幸、鈴木勝征、梶浦一郎、緒方達志、木原武士、増田亮一、樫村芳記、澤村 豊、栗原昭夫、寺井理治、町田 裕、小園照雄、西端豊英、福田博之

発表論文等:なし

* 2001年(平成13年10月9日付けで「秋峰しゅうほう」と命名され、「くり農林7号」として登録・公表された。