コムギ縞萎縮病抵抗性で、ブレンド適性に優れる超強力秋まき小麦「ゆめちから(旧系統名北海261号)」

要約

「ゆめちから」はコムギ縞萎縮病抵抗性に優れる超強力秋まき小麦である。「ホクシン」等の中力小麦とブレンドすることにより、優れた製パン適性を示す。

  • キーワード:秋まき小麦、コムギ縞萎縮病抵抗性、超強力小麦、ブレンド適性
  • 担当:北海道農研・パン用小麦研究チーム
  • 代表連絡先:電話011-857-9260、電子メールseika-narch@naro.affrc.go.jp
  • 区分:北海道農業・畑作、作物
  • 分類:技術・普及

背景・ねらい

「超強力」小麦粉はその強すぎる生地物性のため、これまで国内ではあまり注目されていなかった。しかし、現在生産が拡大しつつある冷凍生地製パンに適することや国産中力小麦にブレンドすることでその脆弱な生地物性を改善し、強力粉として利用できることなどが明らかにされており、国産小麦の用途・消費拡大に寄与することが期待されている。また、近年コムギ縞萎縮病の被害が広がる中、本病に対する抵抗性の品種の育成が望まれている。そこで、コムギ縞萎縮病抵抗性に優れ、「ホクシン」等の中力小麦とブレンドすることにより、優れた製パン適性を示す超強力小麦を開発する。

成果の内容・特徴

  • 「ゆめちから」は秋まき硬質のパン用品種育成を目標に、「札系159号」と「KS831957」のF1を母とし「月系9509(後のキタノカオリ)」を父として人工交配を行い、選抜・固定を進め、育成したものである。
  • 「ゆめちから」の特性(「ホクシン」との比較;(表1、2))
    1)出穂期は同程度で、成熟期は2日遅い。
    2)稈長はやや短く、穂長はやや長い。倒伏の発生は少ない。
    3)コムギ縞萎縮病抵抗性は優れる。
    4)耐雪性はやや劣るが、うどんこ病抵抗性・耐穂発芽性は同程度である。赤かび病抵抗性はやや優れ、赤さび病抵抗性は優れる。
    5)収量性・容積重はほぼ同程度で、千粒重はやや大きい。外観品質は同程度である。
    6)粉質は硝子質、製粉歩留は同程度からやや低く、ミリングスコアはやや低い。
    7)60%粉の粗蛋白質含量は高く、灰分含量はやや高い。小麦粉の明るさ、黄色みはほぼ同程度である。
    8)ファリノグラムの吸水率・バロリーメーターバリュウは高い。ミキソグラムのピークタイムは長く、生地の物性は強く、小麦粉の性質は超強力である。
  • 中力小麦とブレンドすることにより優れた製パン適性を示す(図)。
  • 原粒粗蛋白質含量が高く、醤油原料用としても利用できる。

成果の活用面・留意点

  • 北海道の秋まき小麦栽培地帯に適応する。
  • 不良土壌環境では、早期に枯れ上がり収量が低下することがある。
  • 気象および土壌条件により、葉身に斑点状またはかすり状に黄化する現象がみられる。これらは条斑病、赤さび病による症状と判別が可能であるが、原採種圃場の選定ならびに病害株の抜き取り作業での本現象と病害との区別に留意する。
  • 耐雪性が中であるので、雪腐病防除を励行する。
  • 超強力小麦としての特性を発揮させるため、蛋白質含量が低くならないように止葉期以降の窒素追肥を行う等の肥培管理に努める。

平成20年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および分類
「小麦新品種候補「北海261号」」(普及推進)

具体的データ

表1 「北海261 号」の特性

表2 コムギ縞萎縮病抵抗性の評価

図.北海261号の直捏法および中種法による製パン試験結果 左:直捏法、道産小麦研究会(平17-18年平均)、右:中種法、日本パン技術研究所(平16年)。ブレンドは「北海261号」と「ホクシン」を等量混合

その他

  • 研究課題名:実需者ニーズに対応したパン・中華めん用等小麦品種の育成と加工・利用技術の開発
  • 課題ID:311-c
  • 予算区分:基盤
  • 研究期間:1997~2008年度
  • 研究担当者:田引正、西尾善太、伊藤美環子、山内宏昭、高田兼則、桑原達雄、
                     入来規雄、谷尾昌彦、池田達哉、船附稚子