麦類のかび毒汚染低減のための生産工程管理マニュアル

要約

都道府県の農業試験場の研究者および農業改良普及センターや病害虫防除所などの専門的な指導者を対象に、赤かび病かび毒汚染低減技術の指導や現地実証試験に取り組む際の対策技術の方向性と留意事項を科学的な根拠とともにまとめたマニュアルである。

  • キーワード:赤かび病、かび毒、GAP、デオキシニバレノール、ニバレノール
  • 担当:九州沖縄農研・赤かび病研究チーム
  • 代表連絡先:電話096-242-7728
  • 区分:九州沖縄農業・病害虫・水田作
  • 分類:行政・普及

背景・ねらい

わが国では麦の生育後期に降雨が多いため、赤かび病がまん延し、病原菌が産生するかび毒であるデオキシニバレノール(DON)およびニバレノール(NIV)による汚染がおこるリスクがある。これらの汚染を低減するには、規制値による結果管理だけでは不十分であり、生産の各段階において、科学的根拠に基づいて必要な措置をおこなう工程管理(GAP)の導入が求められている。

成果の内容・特徴

  • 我が国の麦類を汚染する可能性があるかび毒のうち、主に圃場段階においてフザリウム属のかびに感染することで産生されるDON、NIVを対象に、麦類の栽培・防除指導のポイントとなる、作付け前から播種、防除、収穫、調製等の各生産工程における汚染防止・低減対策等を取りまとめたマニュアルである。
  • 麦類のかび毒汚染を防止・低減するための管理点及び実施すべき取組について、実施時期ごとに整理されている(図)。それぞれの取組によるかび毒汚染を防止・低減する効果については、高、中、低の3段階で評価され、その根拠となる科学的データが詳細な説明とともに紹介されている。

成果の活用面・留意点

具体的データ

図麦類の生産工程におけるかび毒汚染を防止・低減するために実施すべき取組とその効果

その他

  • 研究課題名:かび毒汚染低減のための麦類赤かび病防除技術及び高度抵抗性系統の開発
  • 課題ID:323-a
  • 予算区分:安信プロ、生産工程プロ、高度化事業
  • 研究期間:2006~2008年度
  • 研究担当者:中島隆、吉田めぐみ、河田尚之、川上顕、宮坂篤、鈴木文彦、久保堅司、荒井治喜
  • 発表論文等:関連の原著論文は以下を参照されたい。