ウシ白血病ウイルス受容体とマウス相同蛋白の構造的相違

要約

ウシ白血病ウイルス受容体 (BLVR) は膜貫通蛋白と報告されているが,著者らのクローニングしたマウス BLVR は膜貫通蛋白ではないと考えられ,最近 cDNA がクローニングされたヒトアダプター様蛋白複合体-3δサブユニットと非常に高い相同性を持つことが分かった。

  • 担当:家畜衛生試験場 生体防御研究部 免疫遺伝研究室
  • 連絡先:0298(38)7757
  • 部会名:家畜衛生
  • 専門:バイテク
  • 対象:乳用牛
  • 分類:研究

背景・ねらい

牛白血病ウイルス (Bovine Leukemia Virus: BLV) は地方病性牛白血病の原因ウイルスである。BLV による白血病発症は,ウイルスと宿主の複雑な長い相互作用を経て起こるが,その基本となる生体内での BLV 増殖過程,標的細胞であるB細胞への感染と腫瘍化過程などについて不明なことが多い。また ,BLV が感染するのは動物実験では牛,羊,兎,チンパンジーなどに限られているが,宿主特異性を決定する因子は不明である。われわれはBLV が細胞へ感染する初期過程を明らかにする目的で,BLV 受容体(BLVR)に注目した。マウスは BLV に非感受性であるが,遺伝的な情報が多く BLV 受容体蛋白の本来の生理学的機能などを知るのに適していることから,マウスの BLVR 相同遺伝子の cDNA を解析した。

成果の内容・特徴

  • C57BL/6 マウス脾臓由来の cDNA ライブラリーよりマウス BLVR cDNA をクローニングし,その塩基配列を決定した。マウス BLVR は膜貫通蛋白と報告されているウシ BLVR とは構造が異なり,膜貫通蛋白ではないと考えられた。またマウス BLVR cDNA は,最近報告されたヒトアダプター様蛋白複合体(AP)-3δサブユニットと非常に高い相同性を持つことが明らかとなった(図1)。
  • 3' 非翻訳領域の配列を用いて PCR-SSCP 法によりマウス BLVR の染色体上の位置を決定した。マウス BLVR は第10染色体上に存在し,この領域はウシ第7染色体上のウシ BLVR の存在する領域と一致した。また,この領域はヒト第19染色体に保存されており,BLVR 遺伝子がヒト第19染色体に存在する可能性が示唆された(図2)。
  • AP-3δサブユニットは細胞内に局在し,小胞を介したゴルジからの蛋白輸送に関与すると考えられている。マウス BLVR も同様に細胞内に局在すると考えられる。(図3)。

成果の活用面・留意点

マウス BLVR はヒトアダプター様蛋白複合体(AP)-3δサブユニットと非常に高い相同性を示し,細胞表面に存在しないと考えられた。細胞表面に存在しないレトロウイルス受容体は今まで報告がなく,ウシ BLVR について再度解析しなおす必要がある。

具体的データ

図1.マウス BLVR、ヒトAP-3δサブユニット、ウシBLVRcDNAの模式図

 

図2.マウス、ウシ染色体上のBLVR遺伝子(Bolvr)の位置

 

図3.アダプター及びアダプター様蛋白複合体の細胞内での局在

 

その他

  • 研究課題名:牛白血病ウイルス受容体の解析
  • 予算区分:経常
  • 研究期間:平成9年度(平成9~10年)
  • 発表論文等:
    • Localization of mouse homolog of the bovine leukemia virus receptor gene on mouse chromosome 10. Mamm. Genome, 9:708-709 (1996)
    • Mouse homolog of bovine leukemia virus receptor is closely related to the δ subunit of adaptor-related protein complex, AP-3, not associated with the cell surface. J. Virol., p72:593-599 (1998)