牛肝細胞からのアポリポ蛋白質B-100分泌に及ぼす細胞内トリグリセリドの影響

要約

初代培養肝細胞を用いて,細胞内トリグリセリド(TG)蓄積とアポリポ蛋白質B-100(ApoB-100)分泌の関係について検討した。その結果,ApoB-100分泌量は細胞内の蓄積TG量に依存することが明らかとなった。

  • 担当: 家畜衛生試験場 総合診断研究部 生化学診断研究室 (現 動物衛生研究所 生産研究部 代謝障害研究室)
  • 連絡先:0298(38)7795
  • 部会名:家畜衛生
  • 専門:診断予防
  • 対象:乳用牛
  • 分類:研究

背景・ねらい

アポリポ蛋白質B-100(ApoB-100)は,超低密度リポ蛋白質(VLDL)や密度リポ蛋白質(LDL)の成分として,肝臓からのトリグリセリド(TG)やコレステロールの輸送を担っている。血清ApoB-100濃度は肝臓内TG蓄積量の増加に伴って低下することから,乳牛の産後脂肪肝の診断指標になることが示されている。しかし肝臓からのApoB-100分泌と脂肪肝形成の因果関係については明かではない。そこで本研究では牛初代培養肝細胞を用いて,細胞内TG蓄積量とApoB-100分泌量の関係について検討した。

成果の内容・特徴

    肝細胞の脂肪酸代謝を変動させる因子(カルニチン,プロピオン酸)がApoB-100分泌に与える影響について検討した。オレイン酸(0 - 2 mM)存在下で,培地にカルニチン(1 mM)を添加した場合,細胞内TG量は無添加(control)に比べて減少した (図1) 。これは同時に培地中の3-ヒドロキシ酪酸(3-HBA)の増加を伴っており,脂肪酸酸化が亢進したためと考えられた。反対にプロピオン酸(5mM)添加により3-HBAは減少し,TG量は増加した (図1) 。ApoB-100分泌量はカルニチン添加により有意に増加し,プロピオン酸添加により有意に減少した (図2) 。各ウェルのApoB-100分泌量と細胞内TG蓄積量には 図3 のような相関が認められた。すなわち蓄積TG量が50µg/well以下の場合,TG量の増加に伴ってApoB-100分泌量は促進され,50µg /well以上ではTG量の増加に伴ってApoB-100分泌量は低下した。以上の結果から,肝細胞によるApoB-100分泌量は肝細胞に蓄積されたTG量に依存すると考えられた。

成果の活用面・留意点

肝細胞に一定量以上のTGが蓄積した場合,ApoB-100分泌量が低下するという今回の実験結果から,血清ApoB-100濃度測定は脂肪肝の診断に有効であることが確認された。

具体的データ

図1 カルニチン、プロピオン酸が肝細胞の細胞内TG量に及ぼす影響

図2 カルニチン、プロピオン酸が肝細胞のApoB-100分泌に及ぼす影響

図3 肝細胞のApoB分泌量と細胞内TG量の関係

その他

  • 研究課題名:牛肝臓における脂質代謝の特性の解明
  • 予算区分:経常
  • 研究期間:平成10年度~12年度