異常プリオン蛋白質は歯組織のマラッセの上皮遺残に蓄積する

要約

スクレイピー異常プリオン蛋白質は、歯組織のマラッセの上皮遺残に蓄積する。

  • キーワード:歯組織、マラッセの上皮遺残、マウス、スクレイピー、プリオン
  • 担当:動物衛生研・プリオン病研究チーム
  • 代表連絡先:電話029-838-7708
  • 区分:動物衛生
  • 分類:研究・参考

背景・ねらい

伝達性海綿状脳症(TSE)は、ヒトや動物における致死的な神経変性性疾患である。スクレイピー感染ハムスターの実験により、感染ハムスターの歯髄に感染性が証明されているが、歯組織における異常プリオン蛋白質(PrPSc)蓄積部位は明らかにされていない。このためスクレイピー感染マウスを用いて、歯組織内のPrPScの蓄積部位を免疫組織化学的手法を用いて明らかにする。

成果の内容・特徴

  • 免疫組織化学的に、スクレイピーME7株感染マウスの切歯のマラッセの上皮遺残*にPrPScの蓄積が確認されたが、象牙芽細胞、セメント芽細胞、線維芽細胞、歯茎上皮細胞および歯髄においてはPrPScは検出されない(図1)。
  • 上記のスクレイピー感染マウスの歯組織をマウスに脳内接種したところ、スクレイピー発症までに長期を要することから、歯組織におけるPrPSc蓄積量は脳に比べ大変少ない。
  • 切歯のマラッセの上皮遺残に蓄積するPrPScは、脳から歯組織にかけて分布する脳神経を介し、神経終末があるマラッセの上皮遺残に伝播するものと考えられる。
  • 神経支配割合の少ない臼歯のマラッセの上皮遺残にPrPScは検出されない(図2)。

成果の活用面・留意点

  • スクレイピー感染マウスの歯組織におけるPrPSc蓄積は、切歯のマラッセの上皮遺残であることが示された。
  • ヒトの孤発性CJDおよび変異型CJD患者の歯組織にPrPScは検出されていないことから、プリオンの種類によって蓄積部位に違いがあることが想定される。
  • プリオンの種類による違いを評価するためには、他のTSE感染動物についても、歯組織におけるPrPScの蓄積を調べる必要がある。

* マラッセの上皮遺残:リンパ球に似た小細胞が索状をなすもので、胎生期の口腔上皮に由来するエナメル器の遺残である。

具体的データ

図1.ME7 感染マウス切歯での病理組織学的解析

 

 

図2.ME7 感染マウス臼歯での病理組織学的解析

その他

  • 研究課題名:プリオン病の防除技術の開発
  • 中課題整理番号: 322d
  • 予算区分:委託プロ(BSE)
  • 研究期間:2009~2010年度
  • 研究担当者:岡田洋之、横山隆、毛利資郎
  • 発表論文等:Okada, H. et al. (2010) J. Comp. Pathol. 143 (2-3): 218-222
法人番号 7050005005207