大粒で主要病害に強い日本初の二条裸麦品種「ユメサキボシ」

要約

裸麦新品種「ユメサキボシ」は二条性で大粒であり、千粒重が大きく、整粒重が高い。耐倒伏性に優れて、精麦白度が高い。大麦縞萎縮病、赤かび病、うどんこ病の主要病害に強い。

  • キーワード:二条ハダカムギ、大粒、整粒重、新品種、精麦品質
  • 担当:近中四農研・大麦・はだか麦研究チーム
  • 代表連絡先:電話0877-62-0800
  • 区分:近畿中国四国農業・作物生産、作物
  • 分類:技術・普及

背景・ねらい

裸麦品種「イチバンボシ」は、安定多収で精麦特性も優れる。しかし年次によっては整粒歩合の著しい低下が見られ、多収が整粒重に反映せず、生産者の意欲をそぐことがある。また「イチバンボシ」は一部の産地では穀粒が小さくなる傾向があり、実需者から改善を求められている。そこで「イチバンボシ」より粒が大きく、整粒重が高く、主要病害に強く、軟質で精麦白度が高く、精麦品質の優れる品種を育成する。

成果の内容・特徴

品種の長所についてマーキングする(表1)。

  • 「ユメサキボシ」は、1990年4月に四R系833(ナンプウハダカ/Mona)を母親に、ニシノチカラを父親として人工交配し、集団育種法で育成された。2007年度の世代は雑種第19代である。
  • 二条並性で播性の程度はiである。育成地では「イチバンボシ」と出穂期は同程度で、成熟期は2日遅い(表1)。
  • 稈長は「イチバンボシ」と同程度であり、穂長は長く、穂数は多い。耐倒伏性は「やや強」である(表1)。
  • 大麦縞萎縮病抵抗性は「極強」で、うどんこ病抵抗性は「極強」である(表1)。
  • 赤かび病抵抗性は「強」である。穂発芽性は「やや易」である(表1)。
  • 子実重は「イチバンボシ」と同程度であり、リットル重は劣り、千粒重は優る(表1)。
  • 整粒歩合は「イチバンボシ」と同一篩上では優り、整粒重(2.2mm篩)がかなり優る(表1)。
  • 原麦粒の見かけの品質は「イチバンボシ」と同程度である。粒の色は黄色い。粒の大小は大きい。粒の形はやや長い(表1)。
  • 60%搗精試験による精麦白度は「イチバンボシ」よりやや優るが、砕粒率が高い(表1)。

成果の活用面・留意点

  • 関東以西の平坦地に適する。
  • 成熟期がやや遅いので適期播種、適期刈りに努める。
  • 穂発芽性は「やや易」であるが、二条大麦の普及品種と比べて遜色ない。
  • 埼玉県で認定品種に採用。

具体的データ

表1 裸麦新品種「ユメサキボシ」の特性一覧表

その他

  • 研究課題名:大麦・はだか麦の需要拡大のための用途別加工適性に優れた品種の育成と有用系統の開発
  • 課題ID:311-d
  • 予算区分:交付金
  • 研究期間:1989~2008 年度
  • 研究担当者:柳沢貴司、長嶺 敬、高橋飛鳥、高山敏之、土井芳憲、松中 仁、藤田雅也、杉浦 誠、土門英司、
                       伊藤昌光、石川直幸
  • 発表論文等:認定申請及び品種登録出願(第23071 号 2008 年10 月28 日)