主要普及成果

2011年度から、普及成果情報のうち、行政部局を含む第三者の評価を踏まえ、行政・普及機関、生産者などで早期の利用が期待できる研究成果を「主要普及成果」として選定しています。

主要普及成果: 2012年一覧

RSS

2015年度選定「主要普及成果」をPDFファイルで一括ダウンロードする。[PDF:10.8MB]

2014年度選定「主要普及成果」をPDFファイルで一括ダウンロードする。[PDF:8.2MB]

2013年度選定「主要普及成果」をPDFファイルで一括ダウンロードする。[PDF:9.6MB]

2012年度選定「主要普及成果」をPDFファイルで一括ダウンロードする。[PDF:14.8MB]

2011年度選定「主要普及成果」をPDFファイルで一括ダウンロードする。[PDF:11.6MB]

2012年 動物衛生研究部門 (主要普及成果)
国内新規のアルボウイルスの性状解明とRT-PCRによる検出法の開発
2012年 北海道農業研究センター (主要普及成果)
土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術
2012年 中央農業研究センター (主要普及成果)
「人・農地プラン」策定に活用できる地域農業情報システム
2012年 食品研究部門 (主要普及成果)
食品・農産物評価のためのテクスチャー用語体系
2012年 (主要普及成果)
極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」
2012年 (主要普及成果)
早生、良食味で外観美麗なカンキツ新品種「みはや」
2012年 畜産研究部門 (主要普及成果)
草地更新による採草地表面の放射線空間線量率と新播牧草中セシウム濃度の低減
2012年 食品研究部門 (主要普及成果)
LC/MS/MSによる実用的な麦汚染かび毒一斉分析法
2012年 畜産研究部門 (主要普及成果)
低温熱源である堆肥発酵熱を回収して温水へ変換するシステム
2012年 生物系特定産業技術研究支援センター (主要普及成果)
収穫箱から果実を取り出して選別するイチゴ自動選別装置の制御ソフトウェア
法人番号 7050005005207