さえあかり

栽培しやすく、一番茶、夏茶ともに品質が良好なやや早生の品種

強健で多収な系統「Z1」と、高品質で玉露としても優れている早生の「さえみどり」の子供です。 炭疽病と輪斑病に強く、栽培しやすいやや早生の多収品種です。一番茶の摘採期は「さえみどり」と「やぶきた」の中間で、摘採期の分散化にも利用できま す。また、「さえみどり」よりも耐寒性が強く、栽培適応範囲が広いため、「さえみどり」の栽培がやや困難な地域や「やぶきた」の更新が必要な地域において 導入が期待されています。
耐病性が強く、一番茶だけでなく、夏茶の品質・収量も優れることから、収益性が高い品種と言えます。クワシロカイガラムシには抵抗性がないので、多発地域では防除が必要です。

「さえあかり」一番茶摘採期の園相

「さえあかり」一番茶の新芽


「さえあかり」の栽培特性と生葉収量

法人番号 7050005005207