みはや

果皮が赤く美麗で、高品質の早生のみかん

「みはや」の果実11月下旬から成熟期を迎える早生品種で、果実は190g程度とウンシュウミカンと比べ大きく、果皮は赤橙色で外観が美しく、ウンシュウミカンとの区別性が高い品種です。芳香があり、糖度が高くて酸味が少なく食味に優れ、じょうのう膜がやや軟らかく食べやすい商品性の高い果実の生産が可能です。また、浮皮が発生しにくく、種なし果の割合が高いという特長もあります。さらに、果肉には機能性成分のβ-クリプトキサンチンをウンシュウミカンと同程度に多く含んでいます。
この品種は、年内収穫が可能であり、わが国のほとんどのカンキツ栽培地帯に適応します。

「みはや」の果実特性

法人番号 7050005005207