にこまる

西日本向きの、暑さに負けないおいしいお米

高温年の玄米(玄米100粒を分類)
玄米の粒張りが良く、高温年でも白未熟粒の発生が少なく、年次、地域を問わず「ヒノヒカリ」より品質が優れています。収量は高温年でも安定しており、「ヒノヒカリ」より5-10%近く多収です。また精米するときの歩留り(搗精歩合)が高く、同じ量の玄米からたくさんの白米を得ることができます。
食味は、つやが良く粘りが強く、「ヒノヒカリ」と同等以上です。平成20~24年の「米の食味ランキング」で長崎産の「にこまる」が最高級の「特A」評価を連続で受けるなど、味の良さは折り紙付きです。
長崎・大分・静岡・愛媛・高知県で奨励品種として普及中で、13県で産地品種銘柄になるなど、「ヒノヒカリ」に代わる基幹品種になりつつあります。

「にこまる」の品種特性(育成地)

 

法人番号 7050005005207