きぬむすめ

「日本晴」熟期の早生極良食味品種

「日本晴」よりやや晩生で、収量性や品質など他の形質のバランスが良く安定しており、栽培適地の広いのが特長です。
食味も、「コシヒカリ」と同等以上の特性を示します。
現在、島根県をはじめとする近畿、中国地域等の7府県で奨励品種に採用され、11県で産地品種銘柄になり作付が拡大中です。2012年の全国の品種別作付面積では20位にランクインしています。
「きぬむすめ」の草姿
「きぬむすめ」の品種特性(育成地)

 

法人番号 7050005005207