なごみまる

大豆アレルギーリスクの軽減が期待される大豆(低アレルゲン性大豆品種)

大豆の主要アレルゲンの一つのβ-コングリシニンのうちの一部であるα、α’サブユニットを欠失した食品加工用の品種です。豆腐等通常の加工食品としての適性は劣りますが、豆乳類への加工適性は優れています。「タチナガハ」に比べ、成熟期はやや早生で、耐倒伏性は同程度に優れ、百粒重はやや少ないですが、同程度の収量で「ゆめみのり」に比べ多収です。ただし、モザイク病やシストセンチュウ抵抗性が弱いことと、低アレルゲン性を損なわないために普通品種との混植を避けるとともに、収穫・調整時には異品種の混入を防ぐことに注意が必要です。栽培適地は、東北中南部~関東北部です。
「なごみまる」の栽培風景 豆乳様飲料の食味評価

「なごみまる」の主要特性

法人番号 7050005005207