カシマゴール

縞萎縮病に抵抗性で稈が折れにくい麦茶用六条大麦

「カシマゴール」の麦茶粒従来品種の「カシマムギ」で問題になっている縞萎縮病に抵抗性を持ち、うどんこ病にも強い麦茶用品種です。さらに、「カシマムギ」よりも、成熟後に稈が折れにくいため、安定した収量が得られます。
「カシマムギ」と比べてやや粒が小さいですが、穂数が多く多収で、容積重もやや重いです。
麦茶の香りの元になるとされる蛋白質の含有率や麦茶粒の外観、麦茶の味・香りは「カシマムギ」と同程度です。
平成22年に茨城県で準奨励品種として採用されました。

カシマゴールの麦茶品質

法人番号 7050005005207