せときらら

多収で製パン性に優れるパン用小麦

製パン試験 グルテンが強く製パン性に優れます。条件が良ければ、輸入のパン用小麦に近い適性が得られます。アミロース含量がやや低く、もちもち・しっとりとした食感のパンが作れます。また、製粉歩留やミリングスコアが高く製粉性にも優れます。
温暖地向けのパン用品種として収量が多く、また、赤かび病抵抗性や穂発芽耐性に優れるため、安定生産が期待できます。ただし、タンパク質含量が低い生産物では製パン性も低下しますので留意が必要です。
栽培適地は関東以西の平坦地で、山口県で奨励品種として採用されました。


「せときらら」の特性

法人番号 7050005005207