小春二条

寒冷地の気候に適したビール醸造用二条大麦

「小春二条」のビール醸造適性東北・北陸地域の気候に適したビール醸造適性を有する二条大麦品種です。耐雪性は、既存の二条大麦品種「あまぎ二条」と比べると強く、根雪期間70~80 日までの地域で栽培可能です。寒冷地向け六条大麦品種の「ミノリムギ」と比べると収量は少ないですが、千粒重、リットル重は大きく、穀粒の外観品質は優れます。また、実験室レベルの分析では、特に麦芽エキス、ジアスターゼ力が高く、ビール醸造適性に優れています。現在、東北、北陸、東山地域の各所で栽培が行われ、ビールの原料等に利用されています。

「小春二条」の耐雪性

法人番号 7050005005207