すずこま

初の低段密植養液栽培用、そのまま食べてはもったいないクッキングトマト

果実中の水分含量が少なく、糖度は低めで、加熱調理した時の食味や色が優れ、クッキング(加熱調理)に適しています。 低段密植養液栽培用に育成された初めての品種で、苗を500~1000株/aの高密度で養液栽培し、短期間に収穫を終えて年3~4作程度植え替えます。コンパクトな草姿の心止まり性であるため、腋芽かきや頂芽摘心が不要で、誘引作業も簡単です。花茎と果実が離れやすいため、省力的なヘタなし収穫が可能ですが、茎の緑色をいかした房どりも可能です。 従来品種の「にたきこま」と同じように土耕の露地または雨よけ栽培もできます。この場合、早生である特徴を活かして、「にたきこま」より早植えまたは遅植えして、長期間収穫を続けることが可能です。

低段密植養液栽培中の「すずこま」 「すずこま」の収穫物

「すずこま」の低段密植養液栽培結果

法人番号 7050005005207