経営改善のための農場生産工程管理のポイント

GAP(農業生産工程管理)を活用して経営改善を図る

  • 雇用型経営におけるGAPの導入は、従業員の意識改善を図り、計画的な生産が実現されることで、品質面や販売面の改善につながります。
  • さらに、改善効果を高めるために、生産工程の計画・点検・改善に従業員が積極的に関与するとともに、記録に基づいた計画・点検・改善を継続的に実践することが重要です。

技術を活用して欲しい場面

雇用型経営において、GAPを経営改善に活かすことが可能です。また、本成果をまとめたパンフレットは、GAPの普及・指導場面でも活用できます。

ねらい

雇用型経営では経営の拡大にともなって、管理が細部まで行き届かず、経営効率が低下してしまう問題があります。そこで、これまで意識されてこなかったGAPの経営改善効果とその要因を明らかにし、GAPを活用しながら経営改善を図るためのポイントを提示しました。

 

(パンフレット)
パンフレット

※ パンフレット表紙の写真をクリックするとダウンロードページにジャンプします。

 

法人番号 7050005005207