沿岸部の農業地帯への浸水被害を予測する技術

浸水被害を正確に再現します

  • 水路や農道が整備された沿岸部の農業地帯において、高潮・津波や洪水による浸水被害をシミュレーションします。
  • 水路を伝って氾濫水が遡上したり、道路や堤防により浸水域の拡大が遮られたりする状況を再現することにより、実際に起こりうる現象を予測できます。
  • レーザープロファイラによる詳細な地形データを使えば、より再現性の高い予測結果が得られます。

技術を活用して欲しい場面

行政機関、民間コンサルタント等で浸水被害想定に携わる技術者に使ってほしい技術です。また、高潮だけでなく津波や洪水による浸水も解析でき、浸水被害リスクの評価を必要としている地域全般に適用できます。

ねらい

沿岸部の農業地帯は、地盤標高が低いため高潮等による浸水被害を受けやすいです。浸水範囲の再現や排水施設の機能の評価では水路や道路の効果を考慮する必要がありますが、幅が狭い水路や道路などの構造物を解析に取り込むには空間解像度の点で問題がありました。このため、農業地域の水路や道路を容易に解析に取り込める浸水解析モデルを構築しました。


図1. 浸水解析モデルの概念


図2. 東北地方太平洋沖地震津波による浸水解析例

知的財産情報

発明の名称 沿岸農地の氾濫解析モデル
出願番号または登録番号 職務作成プログラム 機構-Q08/P第10189号-1
法人番号 7050005005207