多年生雑草が優占した耕作放棄畑の復元方法

ススキなどに覆われた耕作放棄畑を低コストで復元する技術

  • 従来の耕作放棄地の復元は、雑草類を刈り取り直後にロータリー耕耘し栽培を行ったため雑草が著しく発生しましたが、本技術では、多年生雑草を除草剤で処理した後に、大型プラウで鋤き込み処理を行うため、雑草が再発生しません。
  • 安価な高肥料成分の豚ぷん堆肥などを土壌改良材として使用するため復元費用は55万円/ha程度で収まります。

技術を活用して欲しい場面

本技術は、セイタカアワダチソウやススキ、オギなどの多年生雑草が繁茂した耕作放棄畑を、行政機関や団体、農家が復元する際に利用できます。復元後は野菜作なども可能です。

ねらい

耕作放棄地は全国に約40万haあり、農地への復元が急務です。耕作放棄地の復元方法として、バックホーによる天地返しや、ロータリー耕耘などの方法がとられていますが、コストや雑草の再発生の問題がありました。そこで、営農的手法によりこれらの問題を解決する低コストの耕作放棄地復元技術を開発しました。





 

法人番号 7050005005207